@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

透明度【トウメイド】

デジタル大辞泉

とうめい‐ど【透明度】
湖や海の水の透明の度合い。透明度板水中に沈め、肉眼で見えなくなるときの深さで表す。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダイビング用語集

透明度
水中で上下方向にどのくらい視界が利くかを表わす際の言葉ダイビングでは透視度もこの言葉に含んで一括表記することが多い。

出典:ダイビング情報ポータルサイト『ダイブネット』
Copyright (C) 2010 DIVENET CO.LTD. AllRights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうめいど【透明度】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうめいど【透明度】
川や湖沼の水の透明さの度合。沈めた透明度板が見えなくなる深さをもって表す。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

透明度
とうめいど
、海などの水の濁り方を示す一方法。直径25~30センチメートルの白色円板を水中に下ろし、円板の白色の判別ができなくなる深さを測定したときの値を透明度という。この測定法は、海中に落とした皿から考えついたといわれているが、イタリアの天文・物理学者セッキの研究により実用化したので、この白色円板を「セッキ円板」とよぶ。また、この透明度を「セッキ円板透明度」とよぶこともある。
 透明度は、水中の懸濁(けんだく)物質やプランクトンの量により変動する。一つの目安として、湖沼では透明度5メートル以下がプランクトンの多い富栄養湖、7~8メートル以上が貧栄養湖とされている。水中の光は、透明度の2~2.5倍の深さで水面の約1%にまで減少する。この位置は、日平均での光合成量と消費量とが等しくなる深度である補償深度に近いとされている。
 透明度が大きかった例としては、北海道の摩周湖(ましゅうこ)(41.6メートル、1931年8月測定)、ロシア連邦のバイカル湖(40.5メートル、1926年6月測定)などがあげられる。日本の湖はかつては澄んだものが多く、秋田県の田沢湖、福島県の猪苗代湖(いなわしろこ)、鹿児島県の池田湖などで20メートル以上の値が得られたことがあった。しかし、現在ではこれらの湖の透明度は5~6メートルの場合が多い。バイカル湖の現在の値は30~40メートル以下、摩周湖では30メートル以下である。
 海洋でもっとも澄んでいる海域は、大西洋のサルガッソー海であり、透明度は66.5メートルに達したことがある。日本近海では、黒潮海域の透明度が30~34メートル、親潮海域では10~15メートル、日本海では20~30メートルである。また、湾内では数メートル以下である。
 透明度は測定法が簡単であるため、陸水学、海洋学で広く用いられ、人工衛星資料より透明度を推定することも行われている。100年以上にわたって測定法に変更がなく、かつデータが多い透明度は、湖水の歴史的な変化あるいは湖沼相互間の比較検討の面でも優れた指標になっている。なお、水質検査項目にある透視度は、おもに流れがある河川やごく浅い池で用いられ、透明度とは違う測定方法なので注意が必要である。[新井 正]

気象

気象学の分野では、大気の透明の度合いをいう。海水や湖水など水の透明度と区別するため、大気透明度とよぶことがある。透明度は気象学ではあまり用いられないため、その表現方法として、視程、視距離、透過率、混濁係数、混濁因子などがあり、とくに定まったものはない。これらのうち、視程がもっとも一般的である。ちなみに、非常に遠方の物体が細部にわたりきわめて明瞭(めいりょう)に見える状態をとくに大気透明とよぶ。[股野宏志]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とうめい‐ど【透明度】
〘名〙
① 液体の透明の程度。特に、海水、湖水などの透明さの度合。水中に沈めた透明度板(直径三〇センチメートルの白色円板)が肉眼で見えなくなる深さをいい、メートルで表わす。〔英和和英地学字彙(1914)〕
② 鉱物をどのくらい薄くすれば光を通すかという割合を表わす値。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

透明度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

透明度の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation