@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

透過性【トウカセイ】

デジタル大辞泉

とうか‐せい〔トウクワ‐〕【透過性】
細胞の原形質膜などの皮膜が、気体液体溶質イオンなどを透過させる性質

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

とうかせい【透過性】
膜が種々の流体や溶質・イオンを通過させる性質。
ネットワーク上の各種資源をその場所を意識せずに利用できること。トランスペアレンシー。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

透過性
とうかせい
ある物質層またはなどが分子やイオンを通過させる性質、または通過させやすさの程度をいう。この程度は速度の次元をもつ係数で表される。分子やイオンにより透過性が異なる性質を選択的透過性という。溶媒、または溶媒と一部の溶質のみを透過させ、他の溶質を通さない場合、半透過性または半透性といい、このような性質をもつ膜を半透膜という。細胞膜の半透性は生物のもっとも基本的な性質の一つである。一般に物質が膜を通って移動するのは、それが非電解質であれば、膜を挟んで存在するその物質の濃度勾配(こうばい)による。またそれがイオンであれば、膜の両側における濃度差と電位差による電気化学ポテンシャルの勾配に従って移動する。一方、生きた細胞の膜は、特定の物質をそのポテンシャルの勾配に逆らって運ぶことができる。その際、アデノシン三リン酸(ATP)の加水分解によって得られるエネルギーが消費される。この能動輸送によって細胞内部のカリウムイオン(K+)の濃度は高く、ナトリウムイオン(Na+)とカルシウムイオン(Ca2+)の濃度は低く保たれる。細胞膜のイオン透過性は、状態によって著しく異なる。静止状態の細胞膜はカリウムイオンに対する透過性が高い。これに対し活動状態ではナトリウムイオンに対する透過性が一時的に高まる。静止膜電位と活動電位の発生は、この膜のイオン透過性およびその変化に対応したものである。[村上 彰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とうか‐せい トウクヮ‥【透過性】
〘名〙 膜が、気体、液体、溶質、イオンなどを透過させる性質。半透膜、細胞膜でよく使われるが、広義には地層における水、大気における光などにも用いられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

透過性

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

透過性
 →浸透性

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

透過性」の用語解説はコトバンクが提供しています。

透過性の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation