@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

透隙【すきひま】

精選版 日本国語大辞典

すき‐ひま【透隙】
〘名〙
① 物と物との間のあいている部分。すきま。すき。
※四河入海(17C前)八「ちっと山の穴のありてすきひまのある処より其乳水が流出でて有ぞ」
② 余裕のある時間。時間の余裕。ひま。すきま。すき。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)五「なをすきひまありて、何をもせずしている也」
③ 人と人との間に生ずる心理的な隔たり。疎遠な感じ。すきま。
※古活字本毛詩抄(17C前)一七「しっかとすきひまもなうしたしむ処があって」
④ 気持のゆるみ。また、そこから生ずる、付け込む機会。すきま。すき。
※史記抄(1477)一二「大功を成ふならば、人のすきひまをみて忍(しのんで)こちからせいではぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

透隙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

透隙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation