@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

通済渠【つうさいきょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

通済渠
つうさいきょ
Tong-ji-qu; T`ung-chi-ch`ü
中国,大運河の一部で,河南省滎陽(けいよう)県でホワン(黄)河と分流して南東流し,ホワイ(淮)河に注ぐ部分をいう。大運河の原形はすでに時代につくられていたが,大々的に改修したのは煬帝で,大運河の一部をなす広通渠,山陽涜(邗溝),永済渠江南河と相前後して,大業1(605)年に改修された。これ以後,中国の南北を結ぶ水運の大動脈となり,経済の発展に重要な役割を果たし,今日でも盛んに利用されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つうさいきょ【通済渠】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

つうせいきょ【通済渠】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

通済渠
つうさいきょ
隋の煬帝 (ようだい) が開いた,黄河と淮水 (わいすい) とを結ぶ運河
605年に開通。隋代では御河,唐・宋代には汴河 (べんが) または広済 (こうさい) 渠と呼ばれた。開さくにあたり,多くの人民とばく大な費用を投じ,隋滅亡の一因となった。他の広通渠・永済渠・江南河などとともに,いわゆる隋の大運河を形成し,政治的に重要な北方と経済的に重要な南方とを結んで,その後の中国の統一政策に重要な役割を果たした。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

通済渠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

通済渠の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation