@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

通経剤【ツウケイザイ】

デジタル大辞泉

つうけい‐ざい【通経剤】
通経のための薬。ふつうは子宮収縮を促す植物性下剤が用いられる。催経剤

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

つうけいざい【通経剤】
とどこおっている月経を促進させる薬剤。通経薬。催経剤。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

通経剤
つうけいざい
催経剤ともいい、月経を促進する薬剤で、月経困難や月経不順に用いる。堕胎薬として乱用すると危険なものが多い。普通はアロエのような植物性下剤または卵胞ホルモンが用いられる。植物性下剤は大腸を刺激して骨盤臓器の充血、子宮の収縮を促し、月経を促進させる。一般用薬として市販されているものは、漢方処方を基礎としたもの、アロエ、サフランケンゴシ、ダイオウ、トウキ、センキュウ、ブクリョウ、ベニバナなどの生薬(しょうやく)を配合したもの、さらに卵胞ホルモンを加えたものなどがある。漢方処方としては、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、桂皮茯苓丸(けいひぶくりょうがん)、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)などが用いられる。[幸保文治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つうけい‐ざい【通経剤】
〘名〙 不順な月経を通じさせる薬剤。アロエやサフランなどの植物性下剤が用いられる。一般にホルモン剤は含めないでいう。催経剤。〔現代新語辞典(1931)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

通経剤」の用語解説はコトバンクが提供しています。

通経剤の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation