@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

速効性肥料【そっこうせいひりょう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

速効性肥料
そっこうせいひりょう

いわゆる速ぎきの肥料で、植物に効果が速く現れる肥料のことをいう。遅いものを緩効性肥料または遅効性肥料という。水溶性の成分を多く含み、また粒度が細かいものほど速効性となる。液体アンモニア、アンモニア水などの液肥のほか、硫安、塩安、硝安、尿素などの窒素肥料、過リン酸石灰、重過リン酸石灰、リン酸アンモニアなどのリン酸肥料、硫酸カリ、塩化カリ、草木灰などのカリ肥料、有効成分が水溶性の化成肥料はいずれも速効性である。速効性肥料は効果が速く現れるので追肥に適しているが、基肥としては雨水などで流れやすく効果が長続きしない欠点があるため、造粒、被覆などによりその緩効化がくふうされている。

[小山雄生]

『伊達昇・塩崎尚郎編著『肥料便覧』第5版(1997・農山漁村文化協会)』『肥料協会新聞部編『肥料年鑑』各年版(肥料協会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そっこうせい‐ひりょう ソクカウヒレウ【速効性肥料】
〘名〙 施肥をするとすぐ効果のあらわれる肥料。水溶性の肥料に多い。⇔遅効性肥料

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そっこうせい‐ひりょう〔ソクカウセイヒレウ〕【速効性肥料】
効果が短時日に現れる肥料。硫安硫酸カリなど。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

速効性肥料」の用語解説はコトバンクが提供しています。

速効性肥料の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation