@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

速度【そくど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

速度
そくど
velocity
運動物体の位置の時間変化率。すなわち単位時間あたりの変位。時刻t に点Pにあった物体が動いて時刻t′に点Qにあるとし,点P,Qを位置ベクトル rt),rt′)で表わす。物体の変位ベクトル を変位に要した時間 t′-tΔt で割ったものを時間Δt の間の平均速度 という。つまり である。Δt をゼロに近づけたときの の極限値を時刻 t における瞬間速度または単に速度という。
平均速度 に平行で,また速度ベクトル v は点Pにおける運動経路の接線に平行である。角速度,面積速度などと区別して,速度を線速度ともいう。速度ベクトル v の大きさ|v|を速さ v といい,力学では大きさと方向をもつ速度ベクトル v と大きさだけを表わすスカラーである速さ v とを区別する。しかし,速度を速さの意味に誤用して光速度位相速度といったり,単に時間変化率の意味で反応速度などということもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そく‐ど【速度】
物事の進む速さ。スピード。「一定の速度で歩く」「制限速度
単位時間に進んだ距離に方向を合わせたベクトル量。運動する物体の単位時間当たりの位置の変化を表す。単位にはメートル毎秒のほか、ノットが用いられる。
[用法]速度・速力速さ――「速度(速力・速さ)を一定に保つ」など、進む程度を表す語としては相通じて用いられる。◇「速度」は自動車など物体が単位時間内に移動する距離の大小についていうほかに、機械などが単位時間内にする仕事の量の大小についても用いる。「高速道路を一〇〇キロの速度で走る」「この機械は一分間に百部の速度で製本する」◇「速力」は一般に、移動する距離の大小について表す。「この列車は現在時速二二〇キロの速力で走っております」◇「速さ」は最も普通に使われ、移動の距離についても仕事の量についても用いる。「飛ぶような速さで通り過ぎた」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そくど【速度 velocity】
乗物などで速度というときには,単位時間(1時間とか1秒)に動く距離を表すことが多く,速さ(スピード)と区別しない。しかし,物理学で運動を論ずるときには,これにその運動の方向(各瞬間における軌道接線の方向)と向きを付与してベクトル量としたものを速度と呼び,その大きさを速さと呼んで区別する。物体(正しくは質点)の位置を表すベクトルrは時間tの関数とみられるので,これをr(t)と記すと,速度Vは,で定義される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

速度
そくど
velocity

日常生活では、速さspeedと同じ意味で使われるが、物理学では運動の方向と単位時間内に動く距離をさす。したがって速度はベクトル量であり、しばしば速度ベクトルとよばれる。速さは速度ベクトルの大きさをさすのに用いられる。数式では速度ベクトルは、ある瞬間における物体の位置ベクトルr(t)の単位時間に関する変化率

で与えられ、その方向は軌道の接線と同じである。物体の運動は大きく等速直線運動(または等速度運動)と加速度運動に分けられる。ニュートンの法則に従って、前者では物体に外から力が作用していないが、後者ではかならずなんらかの外力が作用している。等速円運動は速さが一定であるが、速度ベクトルの向きが絶えず変化しているので後者の例である。これは向心力の存在によるものであるが、このように速度ベクトルの使用は三次元空間における物体の運動の記述、分類に有用である。

 速度ということばは、位置の時間変化だけでなく、広く他の量の時間変化を表すためにも用いられる。たとえば角速度、面積速度などである。前者は回転角度の時間変化であり、半径r、速さvの等速円運動の場合にはv/rで与えられ、一定である。後者は、運動する物体と力の中心とを結ぶ直線が単位時間につくる扇形の面積のことで、物体のもつ角運動量に比例する。これらの一般的な速度に対して、狭義の速度のことを線速度ということもある。

[阿部恭久]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そく‐ど【速度】
〘名〙
① 物体が単位時間に動く距離。物事の進むはやさの度合。すすみゆくはやさ。はやさ。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉四「そんな速度で、みんな禿げたら」
② 運動している物体の位置の変化を表わす量。ベクトル量で、その大きさは速さに等しく、方向は経路の接線の方向で、運動の向きに等しい。
※百学連環(1870‐71頃)〈西周〉一「二体恒に交互の関係を相なすとき、譬へば其一体恒に square の増に於て進むとし、或時一体の速度を知れり」
③ ある量の時間的変化の割合。反応速度や角速度など。
④ 音楽の用語。楽曲を演奏する速さ。テンポ。〔中等教育教科用楽典(1904)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

速度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

速度の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation