@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

造像銘【ぞうぞうめい】

世界大百科事典 第2版

ぞうぞうめい【造像銘】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

造像銘
ぞうぞうめい

彫像の制作に際して像身や付属するもの(光背(こうはい)、台座など)の一部に造立の由来、願文、発願者、檀那(だんな)(スポンサー)、結縁(けちえん)者、銘の執筆者、仏師の名、年紀などを記したもの。造像の直接的な資料として重要である。その形式はさまざまで、造像経過の詳細や経文などまで記すものもあれば、ごく簡単に年紀だけの場合もある。記入の場所は像の材質により異なり、金属像や石像では仏身や光背の裏、台座などの外面に陰刻もしくは陽刻する。木像では胎内内刳(うちぐり)部の表面、台座内部(蓮弁(れんべん)裏などの場合もある)、光背裏、足枘(あしほぞ)などに墨書、朱書することが多い。また胎内などに納めた木札や願文、経巻、紙片などに記した場合もある。日本最古の造像銘は法隆寺金堂の釈迦(しゃか)三尊像(632年銘)、あるいは旧法隆寺四十八体仏中の丙寅(へいいん)年(606)銘菩薩半跏(ぼさつはんか)像(東京国立博物館)と思われる。

[佐藤昭夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

造像銘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

造像銘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation