@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

造山古墳【ツクリヤマコフン】

デジタル大辞泉

つくりやま‐こふん【造山古墳】
岡山市新庄下にある前方後円墳。全長約350メートルで、吉備(きび)地方で最大の規模。5世紀ごろの築造。ぞうさんこふん。→作山(つくりやま)古墳

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つくりやまこふん【造山古墳】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

国指定史跡ガイド

つくりやまこふん【造山古墳】

岡山県岡山市北区新庄下にある古墳。指定名称は「造山古墳 第一-二-三-四-五-六古墳(だいいちにさんしごろくこふん)」。築造は5世紀前半と推定され、全国第4位の規模で、築造時においては全国で最大規模とされる。1921年(大正10)に国の史跡に指定された。前方部3段、後円部3段築成の前方後円墳で、全長350~360m。前方部幅230m、長さ170m、高さ27m、後円部径224m、高さ32.5m、頂径48×46m、くびれ部の幅115mで、くびれ部の両側に造り出しがある。2010年(平成22)の発掘調査によって、幅約20mの周濠が確認された。また、各段には円筒埴輪(はにわ)が並び、葺石(ふきいし)が葺かれていた。内部施設の発掘調査は行われておらず不明であるが、周囲から円筒埴輪、楯、衣蓋(きぬがさ)、靱(ゆき)、家などの形象埴輪片が多数見つかっている。造山古墳は5世紀前半の吉備を支配した王の墓と推定されており、その西側一帯に築かれた6基の中小規模の古墳は、王に仕えた近臣たちの墓(陪塚(ばいちょう))とみなされる。第一古墳(榊山(さかきやま)古墳)と第五古墳(千足(せんぞく)古墳)は古くに発掘され、榊山古墳からは国内唯一例の馬形帯鉤(ベルトのバックル)などが出土した。前方部上には石棺が残っており、墳丘は見学ができる。千足古墳は全長75mの前方後円墳で、横穴式石室の石障には直弧文が刻まれた装飾古墳である。JR伯美線ほか総社駅から総社バス「吉備路もてなしの館」下車、徒歩約20分。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

造山古墳
つくりやまこふん

「作山」同様、人工の山の意で、この名の古墳は各地にある。

[今井 尭]

荒島造山古墳

島根県安来(やすぎ)市荒島(あらしま)にある。造山1号墳ともよばれる、東西辺60メートル、南北辺55メートルの方墳で、列石、葺石(ふきいし)、特殊円筒形土器片がある。埋葬施設は狭長な竪穴(たてあな)式石室が平行して二つ設けられている。第一石室は長さ7メートル、幅・高さ1メートルの扁平割石小口積(へんぺいわりいしこぐちづみ)石室で、割竹(わりたけ)形木棺を内包し、方格規矩鏡(ほうかくきくきょう)、三神三獣鏡、管玉(くだたま)、刀などが出土した。第二石室は長さ5.5メートルの石室で、方格規矩鏡、碧玉紡錘車(へきぎょくぼうすいしゃ)、管玉、剣、大刀6、刀子(とうす)が出土し、石室上部から葬送用特殊円筒土器が検出された。前方後方墳の造山2号墳、方墳の造山3号墳があり、1号・3号墳は、ともに前期古墳に属する。1936年(昭和11)国史跡に指定された。

[今井 尭]

加茂造山古墳

岡山市北区新庄下(しんじょうしも)(旧加茂(かも)村)にある全長350メートルの前方後円墳。後円部径200メートル、高さ24メートル、前方部幅215メートル、高さ19メートルの三段築成の墳丘をもつ。径42メートルの後円部頂平坦(へいたん)部には巨大な直弧文楯(ちょっこもんたて)、靭(ゆぎ)、蓋(きぬがさ)、家などの形象埴輪(はにわ)が置かれている。墳丘上には三列に巡る円筒埴輪列があり、埴輪の特徴は窖窯(あながま)使用以前のものである。内部は未発掘であるが、前方部には巨大な刳抜(くりぬき)式の長持(ながもち)形石棺がある。前方部前面には千足(せんぞく)古墳、榊山(さかきやま)古墳などの陪塚(ばいづか)がある。5世紀前半から中葉。1921年(大正10)国史跡に指定。

[今井 尭]

『森貞成「出雲国能義郡荒島村出土の遺物について」(『考古学雑誌』29巻12号所収・1939・日本考古学会)』『西川宏「岡山県造山古墳とその周辺の前半期古墳」(『古代学研究』60号所収・1971・古代学研究会)』『梅原末治「桑飼村蛭子山・作り山両古墳の調査」(『京都府史跡名勝天然記念物調査報告』12、14所収・1931、32・京都府)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つくりやま‐こふん【造山古墳】
岡山市にある前方後円墳。墳丘全長三六〇メートルに及ぶ巨大古墳。五世紀に築造されたものといわれる。大正一〇年(一九二一)史跡に指定。ぞうさんこふん。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

造山古墳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

造山古墳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation