@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

造幣局【ぞうへいきょく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

造幣局
ぞうへいきょく
貨幣・勲章褒章金属工芸品の製造貴金属品位証明等を行なう独立行政法人。貨幣に対する信頼を維持するために必要な情報の提供を行ない,通貨制度を安定させることなどを目的とする。 1869年2月太政官の中に設置され,7月に造幣寮改称イギリスから造幣機械を輸入して 1871年4月に現在地 (大阪市区) で開業ののち再び 1877年造幣局と改称した。 1948年大蔵省の特別の機関となり,2001年省庁改編により財務省の所属となったのち,2003年4月独立行政法人となった。地金鉱物の分析および試験,貴金属地金の精製なども行なっている。大阪市に本局,東京都豊島区および広島市佐伯区支局がある。根拠法律は独立行政法人造幣局法 (平成 14年法律 40号) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

造幣局
1871(明治4)年に国営造幣施設として設立。1円~500円の流通貨幣や勲章の製造、偽造防止技術の研究開発が主な業務。記念貨幣のシリーズでは「奄美群島復帰50周年」や、47都道府県ごとにデザインが異なる「地方自治法施行60周年」などを順次発行。03年4月に独立行政法人化し、外国貨幣の製造・販売が業務の一つとして明文化された。
(2014-06-12 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ぞうへい‐きょく〔ザウヘイ‐〕【造幣局】
貨幣の鋳造ほか、勲章・賞牌(しょうはい)などの製造や地金銀の精製分析、合金の製造、貴金属の品位証明などを行う行政執行法人。本局は大阪市にある。明治4年(1871)設立。平成15年(2003)3月までは財務省の付属機関。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぞうへいきょく【造幣局】
貨幣の製造をおもな業務とする大蔵省の付属機関。その歴史は古く,1869年(明治2)太政官に造幣局が設けられたが,同年,造幣寮と改称,77年にふたたび造幣局となった。造幣寮は,1871年大阪で創業され,当時としては画期的な洋式の機械設備により貨幣の製造を開始し(〈大阪造幣寮〉の項参照),その後勲章の製造,貴金属の品位証明等,逐次事業の範囲を拡大し今日に至っている。大阪市所在の本局のほか,東京支局(1879東京出張所設置,1943支局昇格)および広島支局(1945設置)があり,いわゆる四現業の一つとして造幣局特別会計により運営され,定員は1475人(1997年度末)である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぞうへいきょく【造幣局】
独立行政法人の一。もと財務省の付属機関。貨幣の鋳造、勲章・記章などの製造、貴金属の品位証明などを行う。本局は大阪にある。1869年(明治2)に設立。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

造幣局
ぞうへいきょく
財務省所管の独立行政法人。1869年(明治2)2月に太政官(だじょうかん)のなかに設けられ、同年7月に造幣寮と改称し、イギリスから造幣機械を輸入して1871年4月に大阪で開業した。1877年1月にふたたび造幣局と改称した。その後、2001年(平成13)1月の中央省庁再編で、大蔵省が財務省に改称したのに伴い、財務省の所属となり、2003年4月、財務省所管の独立行政法人となった。大阪市の本局のほか、東京、広島に支局を置いている。
 造幣局の事業は、貨幣・勲章・章牌(しょうはい)・合金および金属工芸品などの製造、記念貨幣等の販売、貴金属の精製および品位の証明、鉱物の分析および試験などである。これらの事業を一般会計と区分して企業的に運営するために特別会計が設けられていたが、独立行政法人化に伴って廃止された。もっとも大きな事業は貨幣の製造であり、国民経済の進展、自動販売機の普及に伴ってその需要は急速に拡大した。2007年度の製造実績では、500円ニッケル黄銅貨4億0990枚、100円白銅貨1億2990万枚、50円白銅貨990万枚、10円青銅貨3億8890万枚、5円黄銅貨990万枚、1円アルミ貨2億2390万枚の製造となっている。大臣が執行官となって新しく製造された貨幣が規定どおりにつくられているかどうかを公開の場で検査する「製造貨幣大試験」は、1872年5月に当時の大蔵大輔(たいふ)兼造幣頭井上馨(かおる)が執行官となって行ったのに始まり、以後今日まで続けられている。
 なお、貨幣の引き換えまたは回収にあてる資金を保有することによって貨幣の信任の維持を図るという趣旨から、貨幣回収準備資金制度が設けられている。[林 正寿]
『造幣局125年史編集委員会編『造幣局125年史』(1997・大蔵省造幣局)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

造幣局
(大阪府大阪市北区)
さくら名所100選指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぞうへい‐きょく ザウヘイ‥【造幣局】
〘名〙 独立行政法人の一つ。平成一五年(二〇〇三)四月以前は財務省(もとは大蔵省)の付属機関の一つで、造幣事業を行なう現業官庁。明治二年(一八六九)設置。のち造幣寮となったが、同一〇年再び造幣局となる。貨幣・勲章などの製造のほか、貨幣・地金の出納保管、重要金属の地金および鉱物を分析試験するなどの事業を行なう。
※御沙汰第一一九‐明治二年(1869)二月五日「太政官中新に造幣局御取建に相成候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

造幣局
ぞうへいきょく
明治初年に設立された政府の貨幣鋳造所
1869年大阪に新貨鋳造の目的により設置。やがて大蔵省造幣寮となる。'71年イギリス人技師の指導により,金貨銀貨の鋳造が開始された。'77年再び造幣局と改称。貨幣鋳造のほかに硫酸・ソーダなども製造した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

造幣局」の用語解説はコトバンクが提供しています。

造幣局の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation