@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

造影剤【ぞうえいざい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

造影剤
ぞうえいざい
contrast media
骨や臓器内のガスなどは別として,人体内の臓器,組織にはX線の吸収率の差がほとんどない。そこで,人工的に吸収差をつけて臓器の形状,運動状況などを明確にするために,造影剤が用いられる。造影剤にはX線吸収率の大きい陽性造影剤とX線吸収率の小さい陰性造影剤とがある。前者には,人体の構成物質よりも原子番号が大きい 137Ba や 127I の化合物が用いられる。バリウム硫酸バリウムゾルとしておもに消化管の検査に,ヨウ素は有機ヨウ素化合物として血管撮影腎盂撮影,脊髄撮影,気管支撮影などに使用される。後者には空気,酸素,一酸化炭素などが含まれ,気脳法,気胸法などの際に用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぞうえい‐ざい〔ザウエイ‐〕【造影剤】
X線透視・撮影の際、臓器などの明確なを得るために用いる薬品硫酸バリウムヨード製剤など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぞうえいざい【造影剤 contrast medium】
X線造影剤ともいう。X線検査際し,臓器の内部あるいは周囲に〈X線吸収差の大きくなるような物質〉を与え,目的部位コントラストをつけて診断を容易にする薬剤をいう。 X線検査は,X線の透過作用と人体を構成する組織の吸収差を利用して行われるが,周囲組織とのX線吸収差が少ない臓器等(食道,胆囊,腎臓血管など)は,X線像として識別しにくい。そのような場合,造影剤が用いられる。造影剤は,X線発見の翌年の1896年にはシュトラウスH.Straussが次硝酸ビスマス(塩基性硝酸ビスマス)などを用いて消化管造影を試み,1904年にはリーダーH.Riederによって胃X線検査の基礎が完成された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぞうえいざい【造影剤】
X 線写真に現れない器官や、現れにくい病変などについて、目的の部位と周辺とのコントラストをつけ、 X 線診断をしやすくするために用いる薬品。硫酸バリウムなど。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぞうえい‐ざい ザウエイ‥【造影剤】
〘名〙 ふつうの状態ではX線写真に現われない部分の形状や機能をX線診断するときに、その内腔や外縁のX線像を得るために用いる薬品。主にヨード製剤、バリウム化合物が用いられる。X線造影剤。
※こちら社会部(1964)〈菊村到〉二一「空気はいわば造影剤のような役目をするわけである」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

造影剤
ぞうえいざい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

造影剤」の用語解説はコトバンクが提供しています。

造影剤の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation