@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

造東大寺司【ぞうとうだいじし】

世界大百科事典 第2版

ぞうとうだいじし【造東大寺司】
東大寺の造営と付属物の製作,写経事業のために設けられた令外の律令官司,官営工房で,太政官に直轄された。金光明寺造物所が発展して748年(天平20)7月ごろ成立し,789年(延暦8)停廃された。初期には光明皇后皇后宮職ととくに深い関係にあった。四等官は最も整備された場合,長官・次官が各1人,判官・主典は各4人で,755年(天平勝宝7)はじめて正式の長官が任命された。任された官人の位階は長官は四位,次官は五位,判官は五位・六位が多く,主典は六~八位で,官位相当は省に準ずる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

造東大寺司」の用語解説はコトバンクが提供しています。

造東大寺司の関連情報

関連キーワード

合併洞山良价UE社とカジノリゾート計画フィリピン残留日本人2世北海道胆振東部地震元正天皇合併写経所臭化カリウム吉田兄人

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation