@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

造礁サンゴ【ぞうしょうサンゴ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

造礁サンゴ
ぞうしょうサンゴ
reef coral
サンゴ礁を形成するサンゴ類(→サンゴ)をまとめた呼び名。分類学上の名称ではない。そのほとんどは刺胞動物門(→刺胞動物)の花虫綱六放サンゴ亜綱イシサンゴ目に属しており,石灰質の硬い骨格をもっている。世界で約 800種知られているが,そのほかにヒドロ虫綱(→ヒドロ虫類)のアナサンゴモドキなども含まれる。なお,古生代から中生代にかけて繁栄した造礁サンゴ類は,現生種とは別に,四放サンゴ亜綱(→ルゴースサンゴ類)と床板サンゴ亜綱(→床板サンゴ類)に分類されている。(→花虫類無脊椎動物

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

造礁サンゴ
ぞうしょうさんご
hermatypic coral

腔腸(こうちょう)動物門花虫綱イシサンゴ目の種のうち、サンゴ礁をつくるのに関与する浅海性の種類の総称。イシサンゴ目のうち、おおよそムカシサンゴ亜目、クサビライシ亜目、キクメイシ亜目、それにキサンゴ亜目の一部に属する種に相当する。これらの種は90メートル以浅に産するが、主として30メートル以浅に多く、だいたいにおいて組織内に単細胞の共生藻を含み、共生藻の光合成が可能な光量を必要とする。また、水温が18.5℃以下では群体の成長が止まり、ほぼ11℃以下で死滅する。造礁サンゴのおもなものはミドリイシ類、コモンサンゴ類、ハマサンゴ類、キクメイシ類などであり、とくにミドリイシ類はサンゴ礁においてほかの類を圧倒している。

[内田紘臣]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

造礁サンゴ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

造礁サンゴの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation