@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

造語【ゾウゴ】

デジタル大辞泉

ぞう‐ご〔ザウ‐〕【造語】
[名](スル)新語をつくること。既存の語を組み合わせるなどして新しい意味の言葉をつくること。また、その言葉。「新しい概念を表す言葉として造語する」「明治期の造語

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぞうご【造語】
スル
新しい言葉を作り出すこと。既成の語の転用・複合や擬音・擬態などにより、新語を作ること。 -力

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

造語
ぞうご
新しい事物や概念を表現する必要に迫られたとき、われわれは、(1)他の言語から語を輸入するか、(2)自国語を利用して新しい語をつくりだすかして、その必要を満たす。(1)を借用とよび、(2)の過程を造語という。
 造語の過程は大きく二つに分かれる。〔1〕既存の語をまったく利用しない語根創造と、〔2〕既存の語をなんらかの形で利用する方法とである。〔1〕は新商品の命名などにみられるが、この場合には、音声の聴覚印象が重要な働きをする。純粋な語根創造は比較的少ない。〔2〕のなかで、もっとも重要なのは、(a)既存の語を二つ(以上)結合することによって、新しい語をつくる複合、(b)接辞を添加することによって、新しい語をつくる派生の二つである。それに加えて、(c)逆成(名詞「料理」→動詞「りょうる」)、(d)混成(やぶる+さく→やぶく)、(e)短縮(千秋楽→楽)、(f)頭文字語(臨時行政調査会→臨調)などがある。[杉浦茂夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぞう‐ご ザウ‥【造語】
〘名〙
① 新しく語をつくること。新しい意味のことばをつくること。
※史記抄(1477)一五「頬毛の上から連属してをえさがりたなりぢゃほどに、造語にも上から下へつづく処で而字を置ぞ」
※所謂社会小説(1898)〈金子筑水〉「社会小説といふ語は、近頃の造語なるべければ」
② でたらめを言うこと。つくりごと。造言。〔荘子‐盗跖

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

造語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

造語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation