@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

逢びき

デジタル大辞泉プラス

逢びき
1945年製作のイギリス映画原題《Brief Encounter》。ノエル・カワード戯曲静物画』の映画化。監督:デビッド・リーン、出演:シリア・ジョンソン、トレバー・ハワード、スタンリー・ハロウェイほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あいびき【逢びき Brief Encounter】
イギリス映画。1946年製作。劇作家ノエル・カワードが自作の一幕物《静物画》(1936)をみずから脚色し,すでに彼の原作による《幸福なる種族》(1944),《陽気な幽霊》(1945)を撮った新鋭監督デビッド・リーンが映画化した作品。ロッセリーニの《無防備都市》(1946)やルネ・クレマンの《鉄路の闘い》(1946)など,戦火の跡もなまなましい現実を描いた当時のリアリズム映画とは対照的に,古めかしい愛の物語を激情を抑えたイギリス的な〈控えめ〉な語り口で描き,リーンは戦後イギリス映画を代表する監督の一人となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

逢びき
あいびき
Brief Encounter

イギリス映画。1945年作品。デビッド・リーン監督。妻子ある医師(トレバー・ハワードTrevor Howard、1913―1988)と人妻(シリア・ジョンソンCelia Johnson、1908―1982)のつかのまの恋が、女性の独白をナレーションに切々と語られる。原作は駅の待合室のみを舞台にしたノエル・カワードの一幕ものの戯曲「静物画」。駅の待合室でふとしたことから知り合った男女は、出会いを重ねるなか、深い愛情を抱き合うようになるが、それぞれの家族に対する責任と良識の前に一線を越えることなく別れていく。明暗のコントラストを強調したロバート・クラスカーRobert Krasker(1913―1981)の撮影、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を用いた背景音楽がイギリス的な大人の恋の物語を盛り上げる。クライマックス直後からの回想によって語り起こす巧妙なプロットをはじめ、映画的演出効果を駆使した情感豊かな名作。カンヌ国際映画祭審査員特別賞受賞。

[宮本高晴]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

逢びき」の用語解説はコトバンクが提供しています。

逢びきの関連情報

関連キーワード

原子爆弾投下在日朝鮮人問題第2次世界大戦対日占領政策ソビエト連邦史(年表)内閣総理大臣ドイツ問題ホロウェイリーンディープ・パープル

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation