@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

逢坂山【おうさかやま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

逢坂山
おうさかやま
京都市南東部,山科区と滋賀県大津市とのにある山。標高 325m。古来多くの詩歌に歌われ,紀行文学にもみられる。このを境に東を東国 (とうごく) と呼んだ。かつて畿内から北東方面への玄関口として逢坂関が設けられ,関明神,関ノ清水,関寺などのがある。 JR東海道本線名神高速道路などがトンネルで通じる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おうさか‐やま〔あふさか‐〕【逢坂山】
大津市と京都市との境にある山。標高325メートル。古来、交通の要地。下を東海道本線のトンネルが通る。関山。[歌枕]
「吾妹子に―を越えて来て泣きつつ居れど逢ふよしも無し」〈・三七六二〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おうさかやま【逢坂山】
相坂山とも書く。滋賀県大津市西部と京都市山科区を境する山。標高325m。古来,畿内の北東を限る交通の要衝に位置するため逢坂関が置かれた。山の南北道が通じ,北側は小関越(古代の北陸道),南側は旧東海道をほぼ踏襲して国道1号線,名神高速道路,京阪電鉄京津線が通過する。山の下を東海道本線と湖西線がトンネルで抜けている。近世,大津から京都へ北国米を運搬するため,峠の急坂に花コウ岩を並べた舗装道路がつくられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

逢坂山
おうさかやま

滋賀県大津市西部と京都市の境界にある山。標高325メートル。関山ともよばれる。畿内(きない)最古の関所である逢坂関(おうさかのせき)が設置されていたが、その具体的な位置については諸説があり確定はしていない。たびたび歌や文学の舞台となった地で、『小倉百人一首』にも収められた蝉丸(せみまる)や清少納言(せいしょうなごん)の歌はとくに有名。山の北側の峠道を小関越(こぜきごえ)とよび、南側の峠(162メートル)へ通じる道を逢坂越という。古代以来、京都と東日本を結ぶ交通の要地であったが、現在も国道1号、名神高速道路、京阪電鉄京津線、JR東海道本線がトンネルによって通り、その重要性は変わっていない。

[高橋誠一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おうさか‐やま あふさか‥【逢坂山】
滋賀県大津市と京都府の境にある山。古くから交通の要地で麓に逢坂の関があった。標高三二五メートル。手向山(たむけやま)。関山。逢坂。
※万葉(8C後)一五・三七六二「吾妹子に安布左可山(アフサカやま)を越えて来て泣きつつ居れど逢うよしも無し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

逢坂山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

逢坂山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation