@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【れん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

連(れん)
れん
洋紙、板紙およびセロファンの取引に用いる単位の一つ。嗹(れん)とも書く。巻紙という意味のアラビア語リズマに発し、スペイン語、英語(ream)を経て日本語に音訳されたといわれる。日本では500枚を一連としていたが、メートル法採用(1959年10月)以後、平判(ひらばん)の場合、規定寸法に仕上げた洋紙では1000枚を、板紙では100枚を一連とし、巻取りの場合、規定寸法の紙1000枚分を、板紙では100枚分を一連としている。各国とも種々商慣習があり一連の量は一定しないが、印刷用紙では500枚をもって一連とする例が多い。なお連の重量を連量といい、日本ではkgで、英米ではlbsで表す。[御田昭雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

連の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation