@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

連作【れんさく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

連作
れんさく
同じ作物を同じ耕地毎年続けて栽培すること。一般に地力が消耗し,病虫害がふえ,収穫が減る。連作によって収穫が皆無の状態になることを忌地 (いやじ) といい,焼土や殺菌木灰石灰施用によって人為的に地力を補給しなければならない。その作物の経済的価値が高く,ほかに代る作物のないときなどにやむをえず行う経営方式で,最近の農業技術の進歩は,養分の補給や病虫害の防除など,各方面から,不利をある程度除くことが可能になっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

れん‐さく【連作】
[名](スル)
同じ耕地に同じ種類の作物を毎年続けて作付けすること。ナス・トマトなどでは生育が悪くなる。「サトイモを連作する」「連作障害」⇔輪作
文芸・美術などで、同じテーマやモチーフに基づいて一連の作品を作ること。また、短歌・俳句などで、一人の作者が同じ題材でいくつかの作品を作り、全体として一つの味わいを出そうとするもの。また、その作品。
数人の作家一部分ずつを分担し、全体として一つにまとまった小説を作ること。また、その作品。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

れんさく【連作 continuous cropping】
同じ水田あるいは畑に同一種の,または近縁の作物を毎年続けて栽培すること。水田では田畑輪換を行うわずかな場合を除いて,一般には長年にわたって夏には水稲だけが栽培されているが,連作に伴う障害はほとんど見られない。日本人にとっては当然のことのように思われようが,世界的にみてもこんなに長い間連作できる作物栽培は特異な例である。その原因は,夏季に湛水(たんすい)状態にある水田土壌の特殊な性質によるものと考えられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

れんさく【連作】
スル
同じ土地に、毎年続けて同じ作物を作ること。ナス科植物は連作のきかないものが多い。 ⇔ 輪作
和歌や俳句・絵などで、一人の作者があるテーマに基づいていくつか作品を作り、全体として一つの味わいを出そうとする作り方。また、その作品。
数人の作者がそれぞれ一部分を分担して、全体としてまとまった一つの小説を作ること。また、その作品。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

れん‐さく【連作】
〘名〙
① 毎年、同じ土地に同じ作物を連続して栽培すること。
② 文芸・美術・音楽などで、内容上関連のある作品を次々とつくること。また、短歌・俳句などで、一人の作者が同一の題材についていくつかの作品をつくり、全体としても一編のまとまりを持つように構成すること。また、その一連の作品。
※続新歌論(1901‐02)〈伊藤左千夫〉四「歌の連作なる物は、始め一題十首の歌より起れり」
③ 数人の作家が、それぞれ一部を受け持って、全体として一つにまとまった小説をつくること。また、その作品。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

連作」の用語解説はコトバンクが提供しています。

連作の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation