@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

連句【れんく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

連句
れんく
俳諧の用語。古くは「俳諧之連歌」と呼ばれたものと同義。「連句」の語は江戸時代中期にもみえるが,一般化したのは明治以後。5・7・5の発句,7・7の脇句以下の長短句を連ねていくもの。各句は独立しつつ前の句との間に詩趣を構成する。1巻全体の変化と調和を重んじ,そのために全体を統制する規則,故実,すなわち式目,作法が定められている。2人以上の作者による共同詠作を原則とする。形式としては古くは百韻が主流であったが,蕉風以後は歌仙 (36句) が主流となった。そのほか千句 (百韻 10巻) ,万句 (千句 10巻) ,十百 (とっぴゃく) 韻,五十韻,米字 (よねじ。 88句) ,七十二候 (72句) ,易 (64句) ,源氏 (60句または 54句) ,四十四 (44句) ,長歌行 (48句) ,短歌行 (24句) ,二十四節 (24句) ,十八公 (18句) などがある。歴史的には,中世の連歌のうち滑稽,通俗の要素をもつものが「俳諧之連歌」 (連句) で,室町時代には連歌の余技として行われた。貞門時代には全国的に普及し,式目作法も定められたが,一面窮屈なものとなった。談林時代には通俗性が著しく拡大されたが,一面乱雑放縦になった。蕉風時代には通俗性と芸術性が止揚され,高い次元の文学として完成された。明治以後は正岡子規によってその文学性に疑問が投げられ,衰退した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

れん‐く【連句/×聯句】
俳諧連歌のこと。俳諧の発句(ほっく)(第1句)が独立して俳句とよばれるようになった明治以後、俳句または連歌と区別するために用いられるようになった名称で、特に江戸時代のものをさした。五・七・五の長句と七・七の短句を一定の規則に従って交互に付け連ねるもの。百韻五十韻世吉(よよし)歌仙などの形式がある。
(聯句)
㋐漢詩で、二人以上の人が1句ないし数句ずつ作り、それを集めて1編の詩とするもの。聯詩。→漢和(かんな)聯句和漢聯句
律詩の中の対句。聯。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

れんく【連句】
17音(5・7・5)の長句と14音(7・7)の短句を交互に連ねていく文芸形式。元来は〈俳諧〉と称した。俳諧とは滑稽の意で,〈俳諧の連歌〉の略称であるが,1630年(寛永7)ごろに連歌から独立し,半世紀をへて1680年代(天和・貞享)に旧来の連歌,俳諧を止揚する新しい様式を確立した。それが蕉風俳諧である。 100句で終結する百韻が正式のもので,これを基準にして半分で止めるものを五十韻,10巻重ねるものを千句または十百韻(とつぴやくいん),100巻重ねるものを万句という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

連句
れんく
俳諧(はいかい)用語。十七音節(五・七・五)の長句と十四音節(七・七)の短句を、一定の規則に従って交互に付け連ねる様式の詩文芸。第一句(長句)を発句(ほっく)または立句(たてく)、第二句(短句)を脇句(わきく)、第三句(長句)を第三の句といい、この三句を一括して三(み)つ物(もの)とよぶ。第二句以下を発句に対して付句(つけく)、第四句以下を三つ物と区別して平句(ひらく)、最終の句(短句)を挙句(あげく)(揚句)という。所定の句数に達したものを一巻とよぶが、一巻が百句からなる百韻(ひゃくいん)が基本形式で、千句、十百韻(とっぴゃくいん)(百韻十巻)、万句、米字(よねじ)(八八句)、五十韻(百韻の前半)、世吉(よよし)(四四句)、歌仙(かせん)(三六句)ほか多くの種類がある。連句の形式はもと連歌に準拠したもので、正しくは「俳諧之連歌」略して「俳諧」というが、俳諧の発句が独立して俳句とよばれるようになると、それと区別し、また連歌と区別するために連句と称されるに至った。
 連句は一巻を貫くテーマをもたず、人生や自然の種々相を描いて句々変化を尽くすところに生命がある。連句の最小単位は付句(付ける句)、前句(付けられる句)、打越(うちこし)(前句の前の句)の三句であるが、付句の内容が打越に触れることを嫌い、三句目の転じが力説されたのはそのためである。また、一巻の模様や付け運びについても、さまざまな規約(式目(しきもく)・作法)が設けられた。同じ語彙(ごい)の重複を避けるための一座何句物、同季・同字または同種・類似の語が近接する指合(さしあい)(差合)を避けるための去嫌(さりきらい)、四季・恋・神祇(じんぎ)・釈教(しゃっきょう)等の題材を何句続けるかという句数(くかず)、とくに花・月の句を布置すべき場所を指示した定座(じょうざ)(常座)などである。連句は半折した懐紙にしたためられる。芭蕉(ばしょう)らの蕉風俳諧で主流をなした歌仙形式は、初折(しょおり)(一の折)の表六句、同裏12句、名残(なごり)(二の折)の表十二句、同裏六句の割合であった。
 付句を付けることを付合(つけあい)というが、付合の手法にもさまざまなくふうが凝らされた。連歌の式目をもとに俳諧の式目を完成させた貞門(ていもん)俳諧では、その啓蒙(けいもう)的な性格と相まって、語に語を付ける単純な「物付(ものづけ)」が主流をなし、三句目の転じは多く前句中の語を同音の他の語に転じて付ける「取成(とりなし)付」によった。貞門の付合がようやくマンネリズムに陥ると、談林(だんりん)俳諧が勃興(ぼっこう)し、貞門と共通の付けことばを用いながら、飛躍的な句意の転化と、すばやい付け運びを特徴として一世を風靡(ふうび)した。放しつつ寄せる「あしらい」、その語を抜いてそれとわかるように句を作る「ぬけ」が重用された。蕉風俳諧は元禄(げんろく)期(1688~1704)の新風の一体として、前句に似つかわしい肌合いの句を付け寄せる「移り」(映り)を主体とし、さらにそれを余情による「匂(にお)い付(づけ)」へと深化させた。
 こうして連句は詩的達成を遂げるが、付合の契機から語や句意を疎外した結果、やがて解体へと向かうことになる。蕪村(ぶそん)も一茶(いっさ)も連句をよくしたが、俳諧文学の主流は発句によって占められた。事実上連句が終末を迎えるのは、正岡子規(しき)によって「発句は文学なり、連俳は文学に非(あら)ず」(芭蕉雑談)と説かれた明治近代においてであった。連句は現在、自我への固執から近代文芸の陥った閉塞(へいそく)状況を打開する試みの一つとして、ふたたび多くの人々の関心を集めつつある。[乾 裕幸]
『乾裕幸・白石悌三著『連句への招待』(1980・有斐閣新書) ▽安東次男著『連句入門――蕉風俳諧の構造』(1981・筑摩書房) ▽井本農一・今泉準一著『連句読本』(1982・大修館書店) ▽中村俊定校注『日本古典文学大系45 芭蕉句集(連句篇)』(1962・岩波書店) ▽中村俊定・堀切実注解『完訳日本の古典54 芭蕉句集(連句編)』(1984・小学館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

連句」の用語解説はコトバンクが提供しています。

連句の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation