@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

連接棒【レンセツボウ】

デジタル大辞泉

れんせつ‐ぼう【連接棒】
蒸気機関内燃機関で、ピストンクランクとを連結して、動力を伝える棒。コネクティングロッド連桿(れんかん)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

れんせつぼう【連接棒 connecting rod】
コネクティングロッド,あるいはコンロッドともいう。ピストン・クランク機構においてピストンあるいはクロスヘッドとクランク軸を連結し動力を伝達する部品。両端に軸受をもち,ピストン側を小端部(軸受),クランク軸側を大端部(軸受)と呼ぶ。小端部はピストンピンあるいはクロスヘッドピンと結合し,大端部はクランクピンと結合する。クランク軸【酒井 宏】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

れんせつぼう【連接棒】
エンジンのピストンからの動力をクランク軸に伝える棒。連桿れんかん。接合棒。コネクティングロッド。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

連接棒
れんせつぼう
蒸気機関や内燃機関などでピストンとクランク軸とを結ぶ棒。ピストンの往復運動を伝え、クランクにより回転運動を得るためのもので、連桿(れんかん)、またはコネクティングロッドconnecting rod、略してコンロッドともいう。連接棒は圧縮荷重を受けるので、座屈(ざくつ)しないよう十分な太さが必要である。また運動を円滑に伝えるためには、十分な長さをもつ必要があり、普通、クランク半径の3~4倍程度の長さとする。[中山秀太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

れんせつ‐ぼう【連接棒】
〘名〙 蒸気機関や内燃機関などで、ピストンからの動力をクランク軸に伝える棒。コネクティングロッド。コンロッド。連桿(れんかん)。接合棒。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

連接棒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

連接棒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation