@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

連歌式目【れんがしきもく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

連歌式目
れんがしきもく
連歌の制作上守るべき法式を個条書きにしたもの。連歌は1巻の変化と調和を生命とするから,その全体の統制をはかるために,連歌の流行とともに制定された。早く順徳院の『八雲御抄』や二条為世の『新式目』,藤原為相の『藤谷式目』があり,二条良基の『連歌新式』 (『応安新式』) にいたり全国的に統一された。慶長2 (1597) 年高野山木喰応其によって『無言抄』がつくられ,これも広く用いられた。初期の俳諧では,連歌式目の制限がやや緩和した形で準用された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

連歌式目」の用語解説はコトバンクが提供しています。

連歌式目の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation