@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

連続写像【れんぞくしゃぞう】

世界大百科事典 第2版

れんぞくしゃぞう【連続写像 continuous mapping】
fXYを集合Xから集合Yへの写像とする。すなわちXの各点xに対しYの点f(x)が対応しているとする。もし集合X,Yのいずれもが“近い”とか“近づく”といった概念で表される構造,すなわち位相構造を備えていれば,写像fXの点aで連続であるという概念が定義できる。すなわち,〈Xの点xaに近くなれば,f(x)がf(a)にいくらでも近くなる〉という条件によってそれを定義するのである。そして,〈fXの各点で連続であるとき,写像fXY連続である〉と定義することにより,連続写像という概念が得られる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

連続写像」の用語解説はコトバンクが提供しています。

連続写像の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation