@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

連衆【レンジュ】

デジタル大辞泉

れん‐じゅ【連衆】
《「れんじゅう」とも》
連歌連句会席に出て詠み合う人々。
江戸幕府で、連歌始めのとき、連歌師とともに出席した役。多くは神官僧侶が任ぜられ、寺社奉行支配下にあった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

れんじゅ【連衆】
連歌,俳諧用語。連歌や連句を共同制作するために集まる会。精神共同体の一種で,一人一人は社会的肩書をはずして参し,我意を張らず,一の定めに従うことを要求された。また酩酊,雑談,放笑,居眠りなども禁じられた。もっとも,当座に参加せず,回状形式で連句を制作する場合も,作者は連衆と呼ばれた。連衆の数には特に制限はないが,百韻の制作では10人前後が最適とされた。【乾 裕幸】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

れんじゅ【連衆】
連歌・俳諧の座に列する人々。連歌では会衆かいしゆうともいう。 其の日の-に加はりた/咄本・昨日は今日

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

れんしゅう【連衆】
れんじゅ連衆

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つれ‐しゅう【連衆】
〘名〙 (「つれしゅ」とも) 連れの人。連れの仲間。同伴者。また、取巻連中。つれし。
※評判記・色道大鏡(1678)四「客一人かつれ衆(シュ)あるかと尋べし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

れん‐じゅ【連衆】
〘名〙
① 連歌・俳諧の会の席につらなる人々。連句をつくる仲間。〔文明本節用集(室町中)〕
※御伽草子・猿源氏草紙(室町末)「天下の宗匠へ案内申、各れんしゅ参られけり」
② 江戸幕府の職名の一つ。連歌始めの際、連歌師とともに登城して連歌の席に加わるもの。また、その人。多くは神官、僧侶が任じられ、寺社奉行の支配に属す。祿はない。
※嘉永二年大成武鑑(1849)(古事類苑・文学一二)「御連歌師〈略〉同御連衆」
③ 仲間。連中。
※浮世草子・けいせい伝受紙子(1710)五「尤此連衆(レンジュ)鉄の門にても踏破りかぬる者共にはあらね共」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

連衆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

連衆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation