@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

連鎖球菌【レンサキュウキン】

デジタル大辞泉

れんさ‐きゅうきん〔‐キウキン〕【連鎖球菌】
数珠状につながる性質をもつグラム陽性球菌。ふつう運動性はない。病原性のものでは、化膿(かのう)丹毒扁桃炎(へんとうえん)猩紅熱(しょうこうねつ)気管支肺炎産褥熱(さんじょくねつ)などの原因菌がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

れんさきゅうきん【連鎖球菌 Streptococcus】
連鎖状球菌ともいう。グラム陽性で,直径0.8~1.2μmの球形ないし卵形の連鎖球菌Streptococcus属の細菌。分裂増殖し鎖状に配列することからこの名がある。芽胞非形成性で一般に運動性も欠く。大部分は通性嫌気性であるが,偏性嫌気性のものもある。連鎖球菌属には性質を異にする多くの種が含まれている。病原性の弱い連鎖球菌はヒトの粘膜上に常在しているが,病原性の強いものは化膿猩紅熱(しようこうねつ)などの種々の感染症を引き起こす。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

連鎖球菌
れんさきゅうきん
[学] Streptococcus

連鎖球菌科の細菌の1属。グラム陽性の球菌であるが、連鎖状になる傾向が強く、ときには単球菌または双球菌状を呈することもある。通常は鞭毛(べんもう)をもたず、運動性もない。胞子は形成しない。多くは通性嫌気性であるが、偏性嫌気性のものもある。糖を分解し、最終生産物として乳酸を生産する。普通寒天(一般細菌用培養基)では生育が悪いが、血液やブドウ糖などを添加すると生育がよくなる。赤血球を溶血する。溶血毒hemolysinを産生し、集落(コロニー)周辺の状態によりα(アルファ)溶血(緑色不透明環)、β(ベータ)溶血(完全溶血、透明環)および非溶血(習慣的にγ(ガンマ)溶血という)に分けられる。血清学的にはA~H、K~O、P~Sの17群に類別する。このうちA群は化膿(かのう)性連鎖球菌、B群はウシの乳房炎をおこすものが中心となる。D群は腸球菌、N群は乳酸球菌で正常乳酸発酵を行うものが多い。C群とG群は化膿菌である。

[曽根田正己]

『塩川優一他編『レンサ球菌感染症 その基礎と臨床』上中下(1992・廣川書店)』『『レンサ球菌感染症の変遷――劇症型の出現』(『臨床と微生物』vol.23, No.1・1996・近代出版)』『渡辺治雄・清水可方監修『劇症型A群レンサ球菌感染症――ヒト喰いバクテリアの出現』(1997・近代出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

れんさ‐きゅうきん ‥キウキン【連鎖球菌】
〘名〙 直径一ミクロン内外の球菌の菌体が鎖状に数珠(じゅず)つなぎになった化膿菌。健康者の鼻腔や口腔などにもみられる非病原性のものもあるが、病原性のものは化膿・扁桃炎、猩紅熱、肺炎などを起こす。連鎖状球菌。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

連鎖球菌

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

連鎖球菌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

連鎖球菌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation