@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

遊僧【ゆそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

遊僧
ゆそう
遊芸にすぐれた僧侶。平安時代初期から室町時代初期にかけて寺院芸能である延年が盛んに行われたが,このとき芸能に長じた侶が中心となってを演じ,これを遊僧とも狂僧ともいった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゆう‐そう〔イウ‐〕【遊僧】
延年舞などの遊芸をする僧。
「もとより弁慶は、三塔の―」〈謡・安宅

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆ‐そう【遊僧】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆそう【遊僧】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゆうそう【遊僧】
延年えんねん舞などの遊芸を行なった僧。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

遊僧
ゆそう
延年(えんねん)に際して演芸する芸能僧で、狂僧(きょうそう)ともいう。「遊(あそぶ)」はもと鎮魂歌舞を意味することばだが、狂は日常的な生活態度に対して異常なる行動で、仏事の正行(しょうぎょう)に対しては非正行なる仏事付帯の演芸行為をさしたものである。延年は遐齢(かれい)延年に由来するといわれ、芸能によって心を和め寿福増長を図るとする考えに基づき、平安末期から中世なかばまで南都北嶺(ほくれい)の諸大寺において法会(ほうえ)の後宴として行われた芸能大会であった。内容は舞楽(ぶがく)仕立てであったが、能もあり、また連事(つらね)、大風流(おおふりゅう)、小風流(こふりゅう)などのように演劇も行われた。弁慶は比叡山(ひえいざん)の遊僧であった。[西角井正大]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆう‐そう イウ‥【遊僧】
〘名〙 延年舞などの遊芸をする僧。
※謡曲・安宅(1516頃)「もとより辨慶は、三塔の遊僧、舞延年の時のわか、これなる山水の、落ちて巖に響くこそ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆ‐そう【遊僧】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遊僧」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遊僧の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation