@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

遊女評判記【ゆうじょひょうばんき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

遊女評判記
ゆうじょひょうばんき
江戸時代に遊郭制度が整ってから続出した,遊女の紹介,遊郭の案内,諸分 (しょわけ。遊興作法) 秘伝などを記した書物寛永 (1624~44) に成立した『露殿物語』にその発生をみることができ,明暦1 (55) 年頃から盛んに出版に付された。島原 (京都) ,吉原 (江戸) ,新町 (大坂) の3都の遊郭に関するものが大多数で,ほかに地方のもの (長崎丸山など) が若干ある。圧巻は色道の百科全書ともいうべき藤本箕山の『色道大鏡』である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゆうじょ‐ひょうばんき〔イウヂヨヒヤウバンキ〕【遊女評判記】
江戸時代の評判記の一。遊女1の容姿・性情の品定めを主に、客の遊興の案内などを記したもの。各地で行された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆうじょひょうばんき【遊女評判記】
京都島原,江戸吉原,大坂新町の各遊廓の遊女名を列挙し,彼女たちの容貌技芸などについて品した書をいう。江戸前期に述作され出版された。廓中の諸事情や遊興について述べた〈秘伝書〉の類をも含む。文学史では仮名草子に分類している。現存する最古の作品は1655年(明暦1)刊の《桃源集》で,島原の太夫八千代,小藤(こふじ)以下計13人,天神(太夫の次位の遊女)40人の容色を記している。五言絶句の狂詩狂歌とを掲げる点,文学作品的色彩がすでに認められる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

遊女評判記
ゆうじょひょうばんき
遊女の評判や遊興論を書いたもの。大きく狭義の遊女評判と諸分秘伝解説の2形式に分類され、前は寛永(かんえい)(1624~44)の初年のころ『つゆ殿(どの)物語』『四十二のみめあらそひ』、後者は『秘伝書』(正保(しょうほう)以前成立か)をその始まりとする。三都の遊里すなわち京の島原、大坂の新町、江戸の吉原についての実用的案内書であるとともに、井原西鶴(さいかく)『好色一代男』(1682)を産み出す母胎とされるように、意識的な文学的形態をもつ娯楽読み物となっているものもある。代表的なものに『あづま物がたり』(1642)、『桃源集』(1655)、『ね物がたり』(1656)、『色道大鏡』(1658)、『なには鉦(どら)』など。[中野三敏]
『『近世文藝資料5 難波鉦(複製)』(1957・古典文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆうじょ‐ひょうばんき イウヂョヒャウバンキ【遊女評判記】
〘名〙 江戸時代、遊里の案内、および、主として高級遊女の容色・気質・才芸などの評を記した書。寛永(一六二四‐四四)初年刊の「露殿物語」などにその古形が見られるが、その後、宝暦年間(一七五一‐六四)までの間に約二〇〇種ほど刊行され、浮世草子などの成立に大きな影響を及ぼした。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遊女評判記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遊女評判記の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation