@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

遊底【ゆうてい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

遊底
ゆうてい
bolt
後装弾薬を詰めるために,銃身の後尾を開閉する装置。砲の場合は尾栓という。小銃の場合は,撃針を内蔵する普通鋼製の円筒で,操作のための丸い握りが取付けられている。遊底の前あるいはうしろにある突起が銃身後尾の溝にかみ合って,遊底をしっかりと固定する。引き金を引くと,撃針がスプリングによって前に飛出し,弾薬底の雷管を撃つ。発射ののち,射手が突起をはずして遊底を引くと,空の薬莢排出される。前に押出すと再び弾薬筒が弾倉から補充される。これを繰返して,弾倉が空になるまで発射する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゆう‐てい〔イウ‐〕【遊底】
銃の基部にある部位。薬室への弾薬の装塡(そうてん)、撃発、後部へのガス漏れの閉鎖、発射後の空薬莢(からやっきょう)の排除などを行う。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆうてい【遊底】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゆうてい【遊底】
銃身の後部にあり、前後にスライドして、弾薬の装塡・発射、空薬莢からやつきようの排出などを行う装置。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆう‐てい イウ‥【遊底】
〘名〙 銃の後方にある閉鎖機。銃尾を閉鎖する設備と、弾薬の装填及び発火装置と、空の薬莢をはじき出す装置とから成る。
※歩兵操典(明治二〇年)(1887)二「徐かに遊底を押し送り

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遊底」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遊底の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation