@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

遊楽【ユウガク】

デジタル大辞泉

ゆう‐がく〔イウ‐〕【遊楽】
音楽を奏して遊び興じること。
猿楽のこと。世阿弥が用いた語。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆう‐らく〔イウ‐〕【遊楽】
遊んで楽しむこと。ゆらく。
「夜を明して舞ひ戯るる―の西班牙(スペイン)を見る事が」〈荷風・ふらんす物語〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ゆうがく【遊楽】
音楽を奏し舞を舞うこと。歌舞。
猿楽能。 -の道は一切物まね也といへども/申楽談儀

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆうらく【遊楽】
スル
山野・温泉などに行って遊び楽しむこと。遊びまわること。行楽。 四十五迄に一生の家をかため-する事に極まれり/浮世草子・永代蔵 4

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆう‐がく イウ‥【遊楽】
〘名〙
① 音楽を奏して興ずること。
※拾玉得花(1428)「天香久山の神楽の遊楽(ユウカク)に愛で給ひて」
② 特に猿楽能をいう。
※三道(1423)「遊楽体とは、舞歌也。〈略〉、いかなる古人・名匠なりとも、遊楽の見風あるべからず」
③ 心にくもりのない法悦。また、その境地にあそぶよろこび。
※叢書本謡曲・身延(室町末)「衆生の遊楽も今ここに、身延山の風水も、読誦の声添へて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆう‐らく イウ‥【遊楽】
〘名〙 あそびたのしむこと。ゆらく。
※性霊集‐五(835頃)請越州節度使内外文書啓「入海則唯見魚鼈之遊楽
※浮世草子・日本永代蔵(1688)四「四十五迄に一生の家をかため遊楽(ユウラク)する事に極まれり」 〔拾遺記‐一・少昊〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆ‐らく【遊楽】
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)六「宝樹、華菓おほくして、衆生の遊楽(ユラク)するところなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遊楽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遊楽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation