@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

遊牧民【ゆうぼくみん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

遊牧民
ゆうぼくみん
nomad
遊牧をしながら一定の牧草地帯を季節的に移動し,牧畜に依存して生活する民族。広義には定住地をもたず移動生活を送る民族全般をさし,原始的遊牧民,牧畜遊牧民,雑業的遊牧民に分けられる。狭義の牧畜遊牧民は,ユーラシアとアフリカの広大な乾燥地域の各地にみられたが,灌漑の近代化・拡大によって遊牧民を定着化させる政策を進める国が増え,純粋に遊牧のみに従事する人口は急激に減少しつつある。遊牧民は家畜食糧衣服,住居,容器の材料として完全利用し,移動の容易な組み立て式天幕を用い,父系大家族を基本とする社会集団を組織する。彼らは定着農耕社会との間に,畜産物を穀物や器具類と交易する相互依存の関係をもつ。干魃寒気などの自然災害にあいやすく,経済生活の基盤は弱い。かつては騎馬を利用して機動力を生かし,農業地帯に侵入略奪を加え,強大な征服国家を形成した歴史がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆうぼくみん【遊牧民】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゆうぼくみん【遊牧民】
遊牧しながら生活を営む人々。中央アジア・モンゴル・サハラなどの乾燥・砂漠地帯に分布。遊牧民族。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆうぼく‐みん イウボク‥【遊牧民】
〘名〙 遊牧をしながら、移動して生活をする人々の集団。ノマド。
※漆胡樽(1950)〈井上靖〉二「常に北方遊牧民の掠奪と大自然の脅威のもとに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遊牧民」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遊牧民の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation