@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

遊行上人【ゆぎょうしょうにん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

遊行上人
ゆぎょうしょうにん
総本山である清浄光寺 (遊行寺 ) の歴代住職。また時宗の開祖である一遍上人や同宗遊行派の開祖である真教をさしていう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゆぎょう‐しょうにん〔ユギヤウシヤウニン〕【遊行上人】
時宗(じしゅう)で、総本山遊行寺の歴代の住職。特に、開祖の一遍(いっぺん)をさす。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆぎょうしょうにん【遊行上人】
清浄光(しようじようこう)寺(遊行寺ともいう)を拠点とし,回国する時宗の指導者の称。特に時宗の開祖一遍,その弟子で時宗遊行派の祖他阿真教をさすことも多い。遊行は,本来修行僧が衆生教化と自己修養のために諸国巡歴することで,仏教の修行の主要なものの一つであった。飛錫巡錫などの語でもあらわし,禅宗では行脚の語を多く用いる。平安時代には山野抖擻(とそう)する聖(ひじり)があらわれ,修験道では遊行が重んぜられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

遊行上人
ゆぎょうしょうにん

時宗(じしゅう)教団の指導者の地位の呼称。元来「遊行」ということばは仏典にみえ、宗祖一遍(いっぺん)は平安時代の遊行者空也(くうや)を「わが先達(せんだつ)なり」(『一遍聖絵(ひじりえ)』第7)と敬慕し、自身も「居住を風雲にまかせ」(同前)る布教伝道の旅(遊行)に生涯を終えた。しかし二祖他阿真教(たあしんきょう)の代になると、時衆は多数の外護(げご)者の要求をいれて寺や道場に止住するようになり、教団の体制を固めていく。

[広神 清]

『大橋俊雄著『時宗の成立と展開』(1973・吉川弘文館)』『今井雅晴著『時宗成立史の研究』(1981・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆぎょう‐しょうにん ユギャウシャウニン【遊行上人】
〘名〙 時宗総本山、遊行寺の歴代の住職の称。特に、開祖の一遍上人、また、その弟子で、時宗遊行派の開祖の真教上人をさしていう。諸国に遊行して念仏を勧め説いたところからの名。遊行。遊行和尚。遊行の上人。
※満済准后日記‐応永二一年(1414)五月一一日「斎藤別当真盛霊、於加州篠原出現、逢遊行上人、受十念

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

遊行上人
ゆぎょうしょうにん
一遍

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遊行上人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遊行上人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation