@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

遊離基【ゆうりき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

遊離基
ゆうりき
free radical
電子を有する化学物質で,フリーラジカルとも呼ばれる。一般に遊離分子光分解熱分解放射線照射などによって化学結合が切断して生じる。化学活性が強いので低温でなければ安定に存在しない。たとえばメチル遊離基 ・CH3 は遊離基反応の過程で中間的に存在する。一方,安定で通常の物質と同じように取扱える遊離基も存在する。ジフェニルピクリルヒドラジルは磁気化学の標準試料として使用される。不対電子を2個以上有する遊離基もある。2個の不対電子をもつ遊離基をビラジカルという。遊離基の存在やその化学構造,電子状態などが常磁性共鳴法の開発・発展により詳細に研究されるようになった。化学反応性においても多くの特異性を示す。 (→ラジカル反応 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゆうり‐き〔イウリ‐〕【遊離基】
対をなさない電子を一つまたはそれ以上もつ原子または原子団。一般に、分子放射線などの作用を受け結合が切れて生じ、不安定で反応性がきわめて大きい。フリーラジカル。ラジカル。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

遊離基
 フリーラジカル,ラジカルなどという.有機化合物から元素が一つ引き抜かれた形の化合物で,不対電子をもつため,反応性に富む.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆうりき【遊離基】
フリーラジカルfree radicalまたは略してラジカルradicalともいう。通常の分子は偶数個の電子をもち,これらが対をつくっているが,遊離基には全体として奇数個の電子が含まれ,対になっていない電子(不対電子。・で表す)がある。炭化水素分子では炭素は4価の原子価をもつが,遊離基では3価となり原子価が飽和していない。基および原子価の概念の発展とともに,遊離基は存在しえないという議論や,遊離基を積極的につくろうという試みが生まれ,1900年にゴンバーグMoses Gomberg(1866‐1947)によって初めてトリフェニルメチル遊離基(C6H5)3C・が発見された(式(1))。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゆうりき【遊離基】
不対電子をもつ原子団・原子または分子。一般に、化学反応性が大きく、不安定。気相での光化学反応や熱化学反応、また工業化学上重要な各種の重合反応など、種々の化学反応の中間体として現れる。フリーラジカル。ラジカル。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆうり‐き イウリ‥【遊離基】
〘名〙 不対電子をもつ化学種の総称。多くは不安定で反応性に富む。分子の熱分解や光分解などにより生じ、化学反応を進行させる際の中間体としても重要。フリーラジカル。ラジカル。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

遊離基
ユウリキ
free radical

不対電子をもつ分子の総称.ラジカルともいう.不対電子を2個もつときはビラジカルということもある.1900年にM. Gombergが遊離基であるトリフェニルメチルを見いだして以来,化学反応,光分解反応,放射線分解反応の中間体として各種の遊離基が生成していることが明らかになった.不対電子をもっているため電子スピンによる磁気的性質があり,とくにESR(電子スピン共鳴)によってその構造についても詳しく研究されるようになった.ESRの標準物質として,しばしば通常の化合物と同じように扱えるDPPH(2,2-ジフェニル-1-ピクリルヒドラジル)が用いられるが,これは安定な遊離基である.遊離基は一般に反応性が高く不安定なので,これを観測する手段として,せん光光分解法パルス放射線分解法,剛性溶媒法などが開発されている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

遊離基
ゆうりき

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遊離基」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遊離基の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation