@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

運動エネルギー【うんどうエネルギー】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

運動エネルギー
うんどうエネルギー
kinetic energy
速さ v で運動する質量 m の物体は,静止するまでに他に対して mv2/2の仕事ができる。 mv2/2をこの運動物体がもつ運動エネルギーという。角速度ωで回転運動する物体の回転軸に関する慣性モーメントI ならば,この物体がもつ回転の運動エネルギーは Iω2/2である。相対論的力学では,光の速さを c とすれば,静止質量 m0,速さ v の物体は相対論的エネルギー をもつ。物体は静止(v=0)のときでも静止エネルギーm0c2をもつから,運動しているための余分のエネルギーが運動エネルギー K であって,K は次式で与えられる。
vc に比べて十分に小さいときは Km0v2/2となり,ニュートン力学での値に一致する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うんどう‐エネルギー【運動エネルギー】
運動している物体のもつエネルギー。速度vで運動している質量mの物体(質点)の運動エネルギーはmv2/2である。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うんどうエネルギー【運動エネルギー kinetic energy】
運動する物体は仕事をする能力をもつ。この能力は物体が止まるまでになしうる仕事の量ではかられるが,物体の質量m,速さvを用いると,1/2mv2と表される。これを物体の運動エネルギーという。ここで物体のする仕事の量とは,物体がそれに働いている力に逆らって移動する距離sと,その方向に逆向きに働いている力の大きさFとの積Fsのことである。力Fsの向きが同じときには,逆に力(または力を及ぼしている物体)がその物体に対して仕事をしたという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うんどうエネルギー【運動エネルギー】
運動している物体がもつエネルギー。古典力学では、質量 m 速さ v の質点の運動エネルギーは m v 2/2 である。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

運動エネルギー
うんどうえねるぎー
速度vで運動している質量mの質点は、同じ位置で静止しているときよりも(1/2)mv2だけエネルギーを多く有している。このエネルギーを運動エネルギーという(図A)。
 質点の集まり、すなわち質点系の運動エネルギーは、各質点の運動エネルギーの和になる。この場合、質点系の質量中心の運動エネルギーと質点系内の相対運動の質点エネルギーとの二つの項に分けることができる。広がりをもつ物体の場合には、物体を質量Δmの微小な部分に分け、各部分の運動エネルギー(1/2)Δmv2の総和をとれば、広がりをもつ物体の運動エネルギーを求めることができる。この場合、速度vは一般に物体の各部分ごとに異なる。物体が剛体とみなしてよい場合には、物体全体の運動を質量中心の運動と、質量中心を通る一つの決まった軸の周りの物体の回転運動とで表すことができる。物体の回転軸の方向は一般に時々刻々変化している。各瞬間における回転軸の周りの剛体の回転の速さ、すなわち角速度をω、剛体の全質量をM、質量中心の速度をvとすれば、その運動エネルギーは

となる。I0は、剛体の密度分布とこの瞬間の質量中心を通る回転軸の方向とで定まる量で、慣性モーメントという。この表式は剛体の各部分の運動エネルギーを総和して得られる。
 剛体が図Bのように一つの固定した軸の周りを角速度ωで回転しているとき、その運動エネルギーは、固定軸の周りの質量中心の回転運動のエネルギーと、質量中心を通る軸の周りの剛体の回転運動のエネルギーとの和になる。両方の回転とも角速度はωに等しく、質量中心を通る回転軸は固定軸に平行である。質量中心の速度をv、質量中心と固定軸の距離をRとすると、v=Rωであり、回転運動のエネルギーT

となる。I=I0+MR2は回転軸の周りの慣性モーメントであって、これを用いると運動エネルギーは

となる。相対性理論では、静止質量m0の質点が慣性系に対してvの速度を有するとき、その全エネルギーは

となる。cは光の速さである。したがって、この場合の運動エネルギーは、全エネルギーから速度によらない静止エネルギーm0c2を除いた

となる。vcに比べて小さいときには、この値はほぼ(1/2)m0v2という非相対論的な場合の運動エネルギーに等しくなる。[田中 一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うんどう‐エネルギー【運動エネルギー】
〘名〙 (エネルギーはEnergie) 運動中の物体がもつエネルギー。大きさは、質量とその物体の速度の二乗に比例する。
※学生と教養(1936)〈鈴木利貞編〉学生時代の回顧〈東畑精一〉五「気体運動論に於ては分子運動の運動エネルギーに由り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

運動エネルギー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

運動エネルギーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation