@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

運否天賦【ウンプテンプ】

デジタル大辞泉

うんぷ‐てんぷ【運否天賦】
運のよしあしは天が決めるということ。運を天に任せること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うんぷ‐てんぷ【運否天賦】
〘名〙 運のよしあしは、天のしからしめるところであるということ。運を天に任せること。
※歌舞伎・傾城天の羽衣(1753)二「そこがうんぷてんぷ此のつなが互ひの御縁結び」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四字熟語を知る辞典

運否天賦
好運に恵まれるか、悲運に泣くかは、天のしからしめるところであるということ。運を天に任せること。

[使用例] それが図にあたって、それだけの事であんな一代分限になり上ったのだ。人ってものは運否天賦で何が……[有島武郎星座|1922]

[使用例] それでつまり、僕は、こりゃ麻雀クラブを始めれば繁昌疑いなしと思ったんです。何しろ将棋と違ってむずかしくもなく、その上運天賦ですからね[尾崎一雄*芳兵衛物語|1949~50]

[解説] 「運否」は、好運と悲運のこと。「うんぷ」は「じっ」などとともに中世における読み方。「天賦」は「天から分け与えられたもの」という意味で、「うんぷ」の音に応じた表現。

出典:四字熟語を知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

運否天賦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

運否天賦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation