@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

運賃【うんちん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

運賃
うんちん
fare; freight
運送の用役に対して荷主なり旅客が運送業者に対して支払う対価。旅客と貨物の相違,運送距離,運送対象の重量,容量,速度など交通サービスの生産費用に基づいて形成されるほか,顧客の運賃負担力によっても決定される。距離比例制運賃,遠距離逓減制運賃,均一運賃,地帯運賃,区間運賃などの種類がある。なお,日本の JRでは運賃は寝台料金,特急料金などの「料金」とは区別され,運送の対価を運賃,サービスの対価を料金としているが,グリーン料金が1等運賃と実質上同じであるように,両者の区別は明確ではない。運賃,料金は公共料金の一種として政府,公共団体などの規制を受ける。なお鉄道運賃などには営業割引制度があり,往復割引をはじめさまざまの割引切符が売出されている。 (→航空運賃 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うん‐ちん【運賃】
近世まで「うんぢん」とも》旅客や貨物を運ぶ料金。運送賃

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うんちん【運賃】
交通あるいは交通サービスとは,特定の輸送対象(貨物あるいは旅客)を特定の方向と距離に限って特定水準の速度でもって場所的に移動させる行為を意味し,今日,この意味における交通サービスの対価が運賃と称される。一般にある特定の交通機関が交通サービスを生産するとき,通路way,運搬具vehicleおよび動力motive powerの三つの要素(交通機関の3要素)を用いて生産する。しかしときにはなんらかの社会的ないし経済的理由により,これら3要素のうち通路のみのサービスを提供する場合,あるいは運搬具と動力のみを用いて,いわゆる狭義の交通サービスを提供する場合がみられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うんちん【運賃】
人が乗り物に乗るとき、あるいは貨物輸送を依頼するときに払う費用。特に、交通機関・タクシーなどでは輸送距離に応じた料金をいう。 鉄道- -表料金

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

運賃
うんちん
farefreightratetariff
交通サービスの提供者と利用者との運送契約に基づき、運送の対価として支払われるもの。一般的にサービスの対価は「価格」とよばれるが、それが交通サービスにおいては「運賃」とよばれるにすぎず、両者の間には本質的な違いはない。
 しかし、「運賃」と「料金」には明確な違いがあるとされる。運賃は輸送に対する基本的な対価であり、運賃の支払いがなければ交通サービスは利用できない。一方、料金は基本的な交通サービスに付随するサービスへの対価と理解される。たとえば、列車の特急料金、座席指定料金、寝台料金などがこれに該当する。したがって、特急料金の支払いをしても、運賃を支払わないときは交通サービスを利用することはできない。以上の整理から、特急料金は特急運賃とはよばれないし、タクシー料金は厳密にはタクシー運賃とするのが正しい。
 従来、旅客運賃は総括原価主義に基づいて決定されていた。これは適正な原価に適正な利潤を加えた総括原価に等しく運賃を設定する方式である。そして運賃水準決定のために、正味の資産価値に公正報酬率をかけ、それを適正な利潤として費用に加えるという公正報酬率規制が、多くの場合に適用されていた。しかし、この方法は企業の経営努力を刺激しないという問題点などがあり、その後運賃規制は緩和され、現在では総括原価主義の考え方は後退している。
 運賃は、いわゆる公共料金の一つとされ、国民生活に直結するものとして、その値上げや値下げについては世間の注目が高い。また運賃体系や運賃水準の変更はマクロ経済的にも大きな影響を与えるために、その決定については政府からの介入を受けることがある。逆にいえば、その影響力の大きさから、以前の国鉄運賃改定における国会の紛糾(国鉄運賃の決定には当時国会の議決を必要とした)など、運賃が政争の具とされることも多い。
 1990年代以降の交通サービスの規制緩和によって、運賃に関する規制も緩和された。たとえば、総括原価に厳密に基づいていた運賃は上限運賃制に移行し(鉄道、乗合バス)、幅運賃制が撤廃された(航空)。しかし、多くの場合、国土交通大臣が運賃を変更できるという留保条件がついているのが一般的である。[竹内健蔵]
『斎藤峻彦著『交通市場政策の構造』(1991・中央経済社) ▽山内弘隆・竹内健蔵著『交通経済学』(2002・有斐閣)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うん‐ちん【運賃】
〘名〙 (古くは「うんぢん」) 運送料金。貨物や旅客などの運送に対して支払われる報酬。
※三代実録‐貞観一八年(876)三月九日「運賃并雑用穀穎三万四千五十束」
※日葡辞書(1603‐04)「Vnginuo(ウンヂンヲ) ナス」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

運賃」の用語解説はコトバンクが提供しています。

運賃の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation