@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

過怠金【カタイキン】

デジタル大辞泉

かたい‐きん〔クワタイ‐〕【過怠金】
公共組合その他の団体が、構成員の義務違反に対して制裁意味で科する金銭罰。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かたい‐きん クヮタイ‥【過怠金】
〘名〙 各種の組織などが、その会則や定款の違反者に制裁として科する金銭。
※取引所法(明治二六年)(1893)一五条「定款の規定に依り会員又は仲買人の営業を停止し五百円以内の過怠金を課し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

過怠金」の用語解説はコトバンクが提供しています。

過怠金の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation