@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

道に遺を拾わず【みちにいをひろわず】

精選版 日本国語大辞典

みち【道】 に 遺(い・おちもの)を=拾(ひろ)わず[=取(と)らず]
世の中が泰平で富み足りており、道路に落ちているものも拾わない。理想的な政治が行なわれていることのたとえ。
※書紀(720)皇極元年正月(岩崎本訓)「是に由りて盗賊(ぬすひと)恐懾(おちひし)て、路に拾(オチモノトラ)ず」 〔韓非子‐外儲説左上〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道に遺を拾わず」の用語解説はコトバンクが提供しています。

道に遺を拾わずの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation