@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

道中【ドウチュウ】

デジタル大辞泉

どう‐ちゅう〔ダウ‐〕【道中】
旅行。また、旅行の途中。旅に出ている間。旅路。「道中の無事を祈る」「珍道中
花魁(おいらん)道中
手ぬぐいのかぶり方の一。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みち‐なか【道中】
目的地へ行く経路の中途。途中。「道中で引き返す」
道路のまん中。路上

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どう‐ちゅう ダウ‥【道中】
〘名〙
① 旅の途中。街道を移動する間。旅中。旅上。〔文明本節用集(室町中)〕
※御触書寛保集成‐二二・寛文五年(1665)一一月「中仙道伝馬宿申渡〈略〉道中宿々にて」 〔戦国策‐斉策・閔王〕
② たび。旅行。
※浮世草子・好色盛衰記(1688)四「吉日に武州を旅だち、さだまりの道中(ダウチウ)
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉二「道中をしたら茶代をやるものだと聞いて居た」
③ 江戸時代、街道の意。「奥州道中」「日光道中」「甲州道中」など。
④ (━する) 江戸の吉原や京都の島原などの遊里で、遊女が郭内を盛装して供をつれてする行列。揚屋入りや引手茶屋へ客を迎えに行くおり、または、突き出し披露や、その他特定の日などに行なわれた。花魁(おいらん)道中。
※評判記・吉原讚嘲記時之大鞁(1667か)ゆふきり「道中より、ざしきにてみたるは、なを位ありてうつくし」
※雑俳・柳多留‐六四(1813)「御座敷てする道中は手かあるき」
⑥ 手ぬぐいのかぶり方の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みち‐なか【道中】
〘名〙
① 目的地へ行く道の途中。
※古事記(712)中「御杖を以ちて大坂の道中(みちなか)の大石を打ちたまへば、其の石走り避りき」
② 道路のまん中。路上。
※落窪(10C後)二「ほかの小路に引きもて来て、道なかにうちすてて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道中」の用語解説はコトバンクが提供しています。

道中の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation