@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

道具幕【どうぐまく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

道具幕
どうぐまく
歌舞伎大道具の用語。山幕霞幕や町家,野原街道の遠見幕,網代 (あじろ) を描いた網代幕など,演出上必要な背景としての幕の総称。いずれも本舞台を見せる前段として,舞台転換の効果を上げるために用いられた。よりシンボリックに扱われるものに,浅黄幕黒幕がある。浅黄は昼,黒はの空間を意味する。日覆からつるした「振り」という竹竿から垂らした幕を「切って落す」「振り落す」場合と,逆にその場面をおおい隠すために,あらかじめ「振り竹」に幕を巻きつけておいて「振りかぶせる」場合とがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

どうぐ‐まく〔ダウグ‐〕【道具幕】
歌舞伎の大道具で、引き幕の内側につり、開幕直後や舞台転換のつなぎなどに用いる幕。山・波などが描かれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どうぐまく【道具幕】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

どうぐまく【道具幕】
歌舞伎で、浪・山・街道・網代あじろ塀などをかいた幕。舞台転換のつなぎのためのもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どうぐ‐まく ダウグ‥【道具幕】
〘名〙 歌舞伎の大道具で、本幕(引幕)の内側につり、これに山・波・雲・網代塀(あじろべい)などを描いた幕。開幕直後や、舞台転換の間のつなぎに用い、この前でちょっとした芝居をしたり、または大薩摩を演奏したりしてから、その幕をいっせいに振り落とすか、引栓(ひきせん)で順々に振り落とす。
※歌舞伎・暫(1714)「本舞台一面廻廊の道具幕、紅白梅の釣枝」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道具幕」の用語解説はコトバンクが提供しています。

道具幕の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation