@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

道場【どうじょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

道場
どうじょう
(1) が悟りを開いた場所をいい,歴史的には釈尊道した古代インドのマガダ国のナイランジャナー川 (尼連禅河) のほとりの菩提樹下の金剛座をいう。 (2) 仏を供養する場所。 (3) 悟りを開くためのよりどころとなる決意修行などをいう。 (4) 寺院別名。 (5) 武芸の練習所。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

どう‐じょう〔ダウヂヤウ〕【道場】
武芸の修練を行う場所。また、広く心身の鍛錬などを行う場所。「剣道の道場」「断食道場
《〈梵〉bodhi-maṇḍa の訳「菩提(ぼだい)道場」の略》
㋐釈迦(しゃか)が悟りを開いた菩提樹下の場所。
㋑仏道修行の場所。
㋒浄土真宗・時宗の寺院。
信徒が集まって念仏を唱える集会所。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

道場 どうじょう
?-? 飛鳥(あすか)時代の僧。
「日本霊異記(りょういき)」によると,尾張(おわり)(愛知県)の人で,敏達(びだつ)天皇(在位572-585)のころ雷の予言で生まれる。十余歳で超人的な怪力の持ち主になり,鬼を退治するなどの不思議をおこなった。のち出家して大和(奈良県)元興(がんごう)寺のとなったという。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

どうじょう【道場】
釈迦が悟りを開いた場所,つまり中インドのブッダガヤーにある菩提樹の下の金剛座の漢訳語。サンスクリットのbodhi‐maṇḍalaなどに当たる。したがって道場樹は悟りを開く場所にある菩提樹を指す。そこから中国では,仏道を修行する場所をひろく道場というようになり,とくに隋の煬帝(ようだい)は613年(大業9)に詔して全国の寺を改めて道場とよばせた。日本では七堂伽藍を完備していない小寺院や祠堂を道場とよぶことが多かった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

どうじょう【道場】
武芸の練習や、修養・訓練などを行う場所。 町- ヨーガ-
釈迦が悟りをひらいた場所。菩提道場。
修行をする建物や施設。
寺院の別名。
特に中世の真宗などで、寺院に準ずる役割を果たす施設。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

道場
どうじょう
本来は、釈尊が悟りを開いた場所のこと。サンスクリット語でボーディ・マンダbodhi-maaまたはボーディ・マンダラbodhi-maalaといい、正確には、前者は釈尊が成道(じょうどう)したブッダガヤにある菩提樹(ぼだいじゅ)下の金剛(こんごう)座をさし、後者はその周りの区域をいう。また場所を問わず悟りを願う心のことを道場という場合もある。
 日本では一般に仏道を修行する場所や建物のことをいい、より広い意味に用いられる。さらに転じて武道などの修行をする場所をもさすようになった。[松本史朗]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どう‐じょう ダウヂャウ【道場】
〘名〙 (bodhimaṇḍa の訳語)
① 仏がさとりを開いた場所。菩提樹下の金剛座をいう。
② 発心(ほっしん)・深心(じんしん)など、さとりを開くもととなる心や布施などの修行をいう。〔法句経〕
③ 仏道修行の場所。仏をまつり仏の教えを説く所。寺。寺院。また、寺院としての格を持たない小さな建物や、臨時にしつらえられた法会、法事のための場所などをもいう。
※令義解(718)僧尼「凡僧尼非寺院。別立道場。聚衆教化。〈略〉者。皆還俗」 〔白居易‐斎戒満夜戯招夢得詩〕
④ 浄土真宗や時宗で、念仏の集まりを行なう場。簡略なものから、寺院までをいった。
※改邪鈔(1337頃)「道場と号して簷(のき)をならべ墻をへだてたるところにて、各別各別に会場をしむる事」
⑤ 特に近世、仏像を安置してあるだけで、寺格もなく住僧も定まらない寺。
※咄本・軽口露がはなし(1691)二「去田舎に、一村みな一向宗にて、道場(ダウデウ)へまいりて御讚歎を聴聞いたし」
⑥ 弟子が集まり師について武芸を学び、練習する所。
※浄瑠璃・夕霧阿波鳴渡(1712頃)中「妻子引具し旧冬より、上本町の道場の玄関構へ借座敷」
⑦ 多くの人々が集まり、団体生活をして精神修養・技術の練成などに励む場所。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道場」の用語解説はコトバンクが提供しています。

道場の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation