@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

道後温泉【どうごおんせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

道後温泉
どうごおんせん
愛媛県中部,松山市街地の東,石手川沿いにある温泉松山平野の北東部に位置する。歴史は古く『万葉集』にも記述がみられる。泉質はアルカリ単純泉。泉温は 50℃前後。神経痛,胃腸病などにきく。明治期から 1955年頃まで湯量が少く公営共同浴場だけであったが,現在ではボーリングにより増量し,内湯化が進んだ。 1892年から3年半かけて建築された木造3階建ての道後温泉本館 (重要文化財) は温泉情緒豊かな共同浴場で,夏目漱石の小説『坊つちやん』の舞台としても有名。四国ばかりでなく全国各地から観光客が多く,上流域は奥道後温泉に続く。付近には道後公園や史跡松山城跡四国八十八ヵ所第 51番札所の石手寺がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

どうご‐おんせん〔ダウゴヲンセン〕【道後温泉】
愛媛県松山市にある温泉。万葉集にみえる伊予の湯。泉質は単純温泉夏目漱石の「坊っちゃん」の舞台。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

道後温泉
どうごおんせん

愛媛県松山市にある温泉。温泉の歴史は古く、「伊予温湯(いよのゆ)」「熟田津石湯(にぎたつのいわゆ)」などという。『日本書紀』『万葉集』『伊予国風土記(ふどき)』逸文、『源氏物語』などにその記述がみられ、日本最古の温泉の一つである。火山性温泉とは異なり、領家花崗(りょうけかこう)岩帯に貫入した黒雲母(くろうんも)花崗岩の裂け目から湧出(ゆうしゅつ)する温泉である。道後湯之町(ゆのまち)を通り、北西―南東方向に断層があって、源泉の多くはこの破砕帯にあり、十数か所現存する。断層の上部は厚い沖積層に覆われているので、源泉垂直深度は大きく300~500メートルに達する。泉質は単純アルカリ質、湧出量は毎分100~200リットルだが変動がある。1946年(昭和21)の南海地震では一時湧出が停止した。道後温泉本館(振鷺閣(しんろかく))は明治中期の建物で国指定重要文化財。神之湯、霊之湯(たまのゆ)、休憩所からなる共同浴場である。ほかに数か所の共同浴場があり、旅館・ホテルは約100軒を数える。各種娯楽施設、土産(みやげ)物店などがあり、一大温泉街をなしている。JR予讃(よさん)線松山駅から伊予鉄市内線が通じる。

[深石一夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

道後温泉
(愛媛県松山市)
日本三古湯指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どうご‐おんせん ダウゴヲンセン【道後温泉】
愛媛県松山市にある温泉。上代から伊予温湯(いよのゆ)、熟田津石湯(にぎたづのいわゆ)の名で知られている。泉質は単純泉。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道後温泉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

道後温泉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation