@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

道武帝[北魏]【どうぶてい[ほくぎ]】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

道武帝[北魏]
どうぶてい[ほくぎ]
Dao-wu-di; Tao-wu-ti
[生]建国34(371)
[没]天賜6(409)
中国,北魏の第1代皇帝 (在位 386~409) 。姓名拓跋珪。代国は前秦のためいったん滅ぼされていたが,珪は前が衰えたのに乗じ,旧部民を糾合して復興をはかり,代王のについた。次いで都を盛楽 (内モンゴル) に定め,国号をに改め,まず遊牧民の諸部族の平定に努めた。皇始1 (396) 年には皇を称したが,やがて後燕を滅ぼして華北に君臨するようになると,都を平城 (山西省大同) に定めた。帝は中国の伝統的礼教による統治策を部分的に採用した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道武帝[北魏]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

道武帝[北魏]の関連情報

関連キーワード

故国原王アゲシラオス2世百済(くだら 朝鮮)ネイティブ・アメリカン狩野川(かのがわ)台風笠取山スパルタテーベ道武帝阿仁[町]

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation