@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

道生【どうしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

道生
どうしょう
Dao-sheng
[生]?
[没]元嘉11(434)
中国,東晋時代の。竺法汰に従って出家し,15歳のときに経典を講義した。隆安1 (397) ~元興1 (402) 年廬山慧遠 (えおん) に師事し,のちに慧叡,慧厳とともに長安に出て鳩摩羅什に師事したが,義煕5 (409) 年に南方に帰って青園寺に住した。主著『仏性当有論』『法身無色論』『仏無浄土論』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

どうしょう〔ダウシヤウ〕【道生】
[?~434]中国、東晋代の僧。廬山(ろざん)慧遠(えおん)、さらに鳩摩羅什(くまらじゅう)に師事。頓悟成仏(とんごじょうぶつ)を唱えた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どうしょう【道生】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

道生
どうしょう
(355―434)

中国、東晋(とうしん)から南朝宋(そう)代の僧。竺道生(じくどうしょう)ともいう。俗姓は魏(ぎ)氏。鉅鹿(きょろく)(河北省鉅鹿県)の人。訳経僧鳩摩羅什(くまらじゅう)門下の四哲の一人。竺法汰(じくほうた)(320―387)について出家し、初め建康(南京(ナンキン))の竜光寺に住したが、隆安(りゅうあん)年中(397~401)に廬山(ろざん)に入り、7年間幽棲(ゆうせい)して経論を研究し、慧遠(えおん)による白蓮(びゃくれん)社の十八賢人の一人となった。のち慧叡(ええい)(355―439)、慧厳(えごん)(363―443)、慧観(えかん)(生没年不詳)とともに長安に赴き、鳩摩羅什に師事した。409年に建康に帰り、青園(せいえん)寺に住した。大乗仏教の深義に通達し、善(業)は報(果)を受けずという説と頓悟成仏義(とんごじょうぶつぎ)(悟りには段階はなく、ただちに真理を悟り成仏するという説)を唱え、六巻『泥洹経(ないおんきょう)』を究めて、経には説かれていない闡提成仏(せんだいじょうぶつ)説(善根を断じた人も成仏するという説)を主張した。道生の新説は大きな反響を引き起こし、異端邪説として排斥する人々もあった。430年ふたたび廬山に入り、『法華経疏(ほけきょうしょ)』(現存)を撰(せん)した。ほかに『二諦(にたい)論』『仏性当有論(ぶっしょうとううろん)』『法身無色論(ほっしんむしきろん)』『仏無浄土論(ぶつむじょうどろん)』『応有縁論(おううえんろん)』などを著した。

[伊藤隆寿 2017年3月21日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どう‐しょう ダウシャウ【道生】
中国、東晉代の僧。廬山(ろざん)の慧遠(えおん)、さらに鳩摩羅什(くまらじゅう)に師事。頓悟成仏(とんごじょうぶつ)説を唱えた。四三四年没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道生」の用語解説はコトバンクが提供しています。

道生の関連情報

関連キーワード

連帯債務アッチラアッティラ猪瀬直樹C型肝炎と薬害訴訟県立花巻厚生・北上統合病院群馬の平成の大合併外国語指導助手高知大空襲チェンナイ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation