@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

道融【どうゆう】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

道融 どうゆう
?-? 奈良時代の僧,漢詩人。
大学でまなぶが,母の喪中法華(ほけ)にふれて出家戒律に精通し,難解といわれた「四分律行事鈔(六帖鈔)」をはじめて講義し,光明皇后に賞されたという。天平(てんぴょう)年間(729-749)良弁(ろうべん)の依頼で説戒師となった。「懐風藻」にがある。俗は波多。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

道融」の用語解説はコトバンクが提供しています。

道融の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation