@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

道行【みちゆき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

道行
みちゆき
ある目的地に達するまでの過程を表現する日本の文芸,芸能上の特殊な表現形式。文芸では,旅の途上を,旅する人の心情を交えて流麗な文章で綴るもの。『平家物語』の東下りなど。舞楽では,楽人が楽屋から舞台へ登場するまでの間に奏される楽をさし,『太平楽』の「道行」に『朝小子 (ちょうこし) 』という曲が用いられる。能楽では,ワキが目的地に到着するまでの叙景の部分をいう。浄瑠璃では,近松門左衛門以後,心中物と結んで景事 (けいごと) として展開し,世話物では下巻,時代物では4段目の口 (くち) に必ずおかれるようになった。これが歌舞伎舞踊にも入り,「道行物」として大きな位置を占めている。また法会舞楽や民俗芸能にも法要や芸能上演の場にいたるまで,移動しながら演じる音楽に路楽・道行囃子などがあり,民謡にも道中唄などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みちゆき【道行】
語彙としてはすでに《万葉集》に見えるが,一般的には,道を行くこと,また旅することをいう。日本文学や芸能では,二つの固有な使い方がある。一つは,旅の途次の地名を次々と詠み込む表現形式であり,〈道行文〉といわれる。いま一つは,宗教行事や芸能に関連して,行道(ぎようどう)時に奏する音楽や歌謡を名づけて〈道行○○〉という。表現形式としての道行は記紀にも見られるが,盛んに用いられるのは,平安末期以降,中世の文学・芸能においてであり,たとえば,今様では,目的地までの時間的経過が感じられる表現となっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

どうぎょう【道行】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

道行
みちゆき
日本の文学・芸能・音楽における用語。人が旅をして、ある目的地に着くまでの道程を、次々と地名と特色のある風景を詠み込んで表現する形式で、早く記紀歌謡や『万葉集』にもみえる。語物では『平家物語』や『太平記』にある「海道下(かいどうくだ)り」の形式が後世の規範になった。曲舞(くせまい)の『東国下(とうごくくだ)り』『西国下(さいごくくだ)り』が有名。芸能の分野では、伎楽(ぎがく)、舞楽(ぶがく)、延年(えんねん)、能、狂言、民俗芸能などに広く「道行」の名称と、それに伴う特殊な音楽や演技がある。能では、ワキが旅をして目的地に着くまでの道中を表現し、序段における重要な部分になっている。説経節や古浄瑠璃(こじょうるり)にも道行の形式はみられるが、とくに近松門左衛門によって世話浄瑠璃の道行が創造されると、旅する人物の心情を描く傾向が強く表現されるようになる。『曽根崎(そねざき)心中』以後、男女の心中行と道行とが結び付き、叙景と叙情との混然とした、哀艶(あいえん)切々たる美しい詞章が生みだされた。
 人形浄瑠璃では一作中にかならず道行の一場を設定し、数挺(ちょう)の三味線を伴奏に、華やかに演じられる。浄瑠璃の道行は原則として、時代物の場合は五段構成のうちの四段目の口(くち)、世話物の場合は三巻構成のうちの下の巻に置かれた。歌舞伎(かぶき)舞踊では、義太夫(ぎだゆう)物の道行のほかに、清元(きよもと)、常磐津(ときわず)など豊後節(ぶんごぶし)系統の浄瑠璃を地とする道行が多数つくられ、「道行物」と名づける一ジャンルを形づくっている。道行には、心中のための道行のほか、死を前提としない男女の恋の道行、親子・主従による道行などもあり、人数も2人とは限らず、まれにではあるが1人あるいは3人以上によるものもつくられている。道行舞踊の代表的なものは、義太夫節の『道行初音旅(はつねのたび)』(吉野山)、『道行旅路の嫁入』(八段目)、『道行恋苧環(こいのおだまき)』(お三輪(みわ))、『道行菜種(なたね)の乱咲(みだれざき)』(吾妻与次兵衛(あづまよじべえ))など、豊後節系で『吉野山道行』(富本(とみもと)・清元など)、『道行旅路の花聟(はなむこ)(落人(おちうど))』(清元)、『道行浮塒鴎(うきねのともどり)(お染(そめ))』(清元)など。[服部幸雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どう‐ぎょう ダウギャウ【道行】
〘名〙 仏語。仏道の修行。学道の修行。
※栂尾明恵上人伝記(1232‐50頃)下「一筋に諸の有所得の心を離れて、清浄の道行を励ますべし」 〔維摩経‐下〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みちき【道行】
〘名〙 雅楽で、「道行(みちゆき)」を気取っていういい方。
※龍鳴抄(1133)上「調子をふいて、鳥のきうをみちきにす」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みち‐ゆき【道行】
〘名〙
① 道を行くこと。また、旅をすること。
※万葉(8C後)五・九〇五「若ければ道行(みちゆき)知らじ幣(まひ)は為む黄泉(したへ)の使負ひて通らせ」
② 雅楽で、舞楽の時、舞人が楽屋を出て舞台に上り定位置に着くまで奏でられる楽。ただし、どの舞にも道行があるのではなく、また、舞によって曲が違う。みちき。〔教訓抄(1233)〕
③ 能の一構成単位をなす謡。ワキが見物・参詣などの目的地につくまでの経過を示すもので、能全体の初めの方にある。七五調を基調とする文章で、音楽上の形式は上げ歌。
※禅鳳雑談(1513頃)上「相生、道行『たかさごの地につきにけり』、是よいふし也」
④ 狂言で、原則として名のりの後に独白、また、会話をしながら舞台を一巡し、目的地へ向かうことを示す部分。
※虎明本狂言・柿山伏(室町末‐近世初)「みちゆきは、前の山ぶしのごとく」
⑤ 軍記物・謡曲・浄瑠璃などで、たどり行く道すじの地名や光景・旅情を述べた韻文。縁語、序詞、掛詞などを用いた技巧的な文章で、七五調が多い。「平家‐一〇」の「海道下」や「太平記‐二」の「俊基朝臣再関東下向事」などにこの文体の成立を見、さらに謡曲や幸若舞を経て、特に、浄瑠璃では、近松門左衛門の「曾根崎心中」によって、死に場におもむく男女の心情の表現を主とし、叙景を従とした新しい表現形式が確立され、以後世話物、特に心中物の舞台を構成する主要な要素となる。
※浮世草子・好色五人女(1686)二「皆人のと曾我の道行をかたり出す」
⑥ 浄瑠璃・歌舞伎などで、舞踊で表現される相愛の男女の駆け落ち、情死行などの場面。転じて一般に、男女が連れ立って歩くこと。
※俳諧・六日飛脚(1679)「なき上手涙くらべの郭公〈西鶴〉 淀のわたりや道行の段〈友雪〉」
⑦ そこに至るまでの経過。手続。前おき。
※浄瑠璃・傾城反魂香(1708頃)中「道行斗言はず共、入こと斗申せ」
⑧ 和服用外套の一種。防寒とちり除けのため多く旅行者が用いたところからの名。形は被風(ひふ)に似ているが、衿は細身に、小衿は角形に作ったもの。みちゆきぶり。道行コート。
※雑俳・柳多留‐一七(1782)「道行をぬいて義太夫本をよみ」
⑨ 歌舞伎で、手拭のかぶり方の一つ。立役と女形とで異なる。
⑩ 民俗芸能で、神輿の渡御や芸能団体の行列行進などに奏される音楽。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みち‐ゆ・く【道行】
〘自カ四〙 事が進行する。はかどる。
※中務内侍(1292頃か)正応元年一一月「このぢゃうにてはみち行がたきしだいども」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道行」の用語解説はコトバンクが提供しています。

道行の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation