@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

遠心力【えんしんりょく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

遠心力
えんしんりょく
centrifugal force
回転座標系における見かけの力 (→慣性力) の1種。たとえば半径 r ,角速度 ω の円運動をする質量 m の物体には向心力 mrω2 が働くが,中心で同じ角速度で回転している観測者から見れば物体は静止して見えるから,向心力のほかに逆向き等大の遠心力が働いて物体が釣合うとみなせる。一般に遠心力は回転系に対し静止する物体にも運動する物体にも働く。角速度 ω の回転系では,回転軸から垂直距離 r の点にある質量 m の物体には,大きさ mrω2 で軸に垂直外向きの遠心力が働くとみなせる。地球の自転を考慮すると,地球上の物体には重力 mg のほかに遠心力 mrω2 が必ず働くので,その合力 mge が作用することになる。ge を見かけの重力加速度といい,測定されるのはこの値である。自転軸までの垂直距離 r は緯度によって違うので ge緯度によっても異なる。重力速度の海面上での測定値が赤道最小,緯度が高くなるほど大きくなるのはこのためである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えんしん‐りょく〔ヱンシン‐〕【遠心力】
円運動をしている物体が受ける慣性力の一。の中心から遠ざかる向きに働く力をいう。⇔向心力
(政界で首相、党代表などの)中心人物の人望が薄れ、周囲の人々が離れていく傾向をいう。「首相の遠心力は強まる一方だ」⇔求心力2

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

遠心力
 物体をあるに添って回転させると,中心から離れる方向に力が働く.この力.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

遠心力
けんのひとつ。大に玉を乗せた状態で、遠心力によって皿と玉が離れないようにしながらけんを360度回転させる。難易度の高い技。2000年、日本けん玉協会により「けん玉の技百選」に選定

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えんしんりょく【遠心力 centrifugal force】
円運動では,速さVが一定でも運動の方向がつねに変わるので,速度は円の内側へ向けて変化し続けている。このため半径Rで円運動をしている質量mの物体には,円の中心へ向かう大きさmV2/Rの力が作用している。この力を向心力centripetal forceまたは求心力という。回転の角速度をωとすればVRωであるから,向心力の大きさはmRω2とも表せる。の先に物体を結びつけて振り回すときには,糸がこの向心力を与えているが,一方,振り回している手は物体には大きさが向心力と等しく方向が逆の力が働いていて,それと糸の張力(向心力)がつり合って物体が静止しているように感ずる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えんしんりょく【遠心力】
円運動する座標系に現れるみかけの力(慣性力)で、回転の中心から遠ざかる向きに働く。向心力と大きさは同じで向きが反対になる。このため、円運動をしている物体は、同じ回転座標上の観測者には静止して見える。 ⇔ 向心力求心力

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

遠心力
えんしんりょく
円運動のように固定点の周りを運動している物体が外向きに受ける力のこと。これは物体の慣性によるものであり、通常の力(その作用によって物体に加速度を生じさせる力)とは異なり、回転座標系で生じる見かけ上の力である。物体に作用し加速度を生じさせている外力(円運動の場合は向心力)に対する反作用と考えることもできる。半径rの円周上を速さv、または角速度ω(ω=v/r)で円運動を行っている質量mの物体に作用する遠心力は、大きさmv2/rまたはmrω2で、半径に沿って外向きである。これは、円運動を続けさせている力、すなわち向心力と大きさが同じで向きが逆である。
 遠心力の存在は、回転座標系に乗ることによって日常しばしば感じられる。たとえば、遊園地にあるメリーゴーラウンド、ループ・コースターなどの回転運動を行う乗り物に乗ると、外側に強く引かれるように感ずる。これが遠心力である。遠心力を応用したものとしては遠心分離機や電気洗濯機の脱水機能などがある。[阿部恭久]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えんしん‐りょく ヱンシン‥【遠心力】
〘名〙
① 円運動をしている物体に働く慣性の力。向心力(求心力)と大きさが等しく、方向が反対。一般には回転の中心から遠ざかろうとする力をいう。遠心分離機、遠心調速器、速度計などに応用。⇔求心力
※暦象新書(1798‐1802)中「鉛丸転行の力は、円心を遠ざからんとすものなり。是力を遠心力と名く」
② 比喩的に、ある物事が拡がり散らばって行こうとする力。⇔求心力
※将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉五「其集るや、需用の求心力あるが故なり。其散するや供給の遠心力あればなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遠心力」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遠心力の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation