@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

遠江【トオトウミ】

デジタル大辞泉

とおとうみ〔とほたふみ〕【遠江】
旧国名の一。現在の静岡県西部。遠淡海(とおつおうみ)浜名湖)のある国の遠州

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

とおとうみ【遠江】
◇遠淡海とおつおうみの転 旧国名の一。静岡県の西部に相当。遠州えんしゆう
が三河みかわの隣だったことから フグの身と皮の間のゼラチン質の皮膜。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とえたおみ とへたほみ【遠江】
「とおとうみ(遠江)(一)」の上代東国方言。
※万葉(8C後)二〇・四三二四「等倍多保美(トヘタホミ)白羽(しるは)の磯と贄(にへ)の浦と合ひてしあらば言(こと)も通(かゆ)はむ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とおとうみ とほたふみ【遠江】
(「とおつおうみ(遠淡海)」の変化した語)
[1] (都に近いうみ、近つ淡海(琵琶湖)に対し、都に遠いうみ、遠つ淡海(浜名湖)のある国の意) 東海道一五か国の一つ。大化改新(六四五)後、素賀(すが)・久努(くぬ)などの諸国が統合して成立。鎌倉幕府は国守に御家人を任じ、南北朝時代に今川氏・斯波氏が守護となる。のち、今川氏が領有。桶狭間の戦いで今川氏が滅びた後は徳川家康が支配し、江戸時代には浜松・掛川・横須賀・相良の諸藩に分かれた。明治四年(一八七一)の廃藩置県により堀江県となり、浜松県を経て、同九年静岡県に合併された。遠州。
[2] 〘名〙 (遠江国(静岡県)は三河国(愛知県)の隣国であるところから、「みかわ」の音を「身」と「皮」とにかけて、身と皮の間の意とする) ふぐの皮下組織を湯に通したもの。刺身に添える。
※随筆たぬき汁(1941)〈佐藤垢石〉海㹠と河豚「腹壁の肉をトウトウミと言ふが、これはみかわの隣りと言ふ洒落らしい」
[補注]「万葉‐四三二四」に、遠江国山名郡の防人丈部川相の作として「等倍多保美(トヘタホミ)白羽(しるは)の磯と贄(にへ)の浦とあひてしあらば言も通(かゆ)はむ」とある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遠江」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遠江の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation