@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

遠距離逓減制運賃制度【えんきょりていげんせいうんちんせいど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

遠距離逓減制運賃制度
えんきょりていげんせいうんちんせいど
tapering distance rate system
遠距離になるほど賃率が低くなる運賃制度。現在日本の JRの旅客運賃はこれを採用しており,600kmをこえる場合はそれ以下に比して賃率が低くなる。遠距離逓減制の根拠は,運送にはその距離にかかわらず一定の端末コスト (乗車券の発売などに伴う費用) がかかることにある。 (→距離比例制運賃制度 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遠距離逓減制運賃制度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遠距離逓減制運賃制度の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation