@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

遠隔作用【えんかくさよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

遠隔作用
えんかくさよう
action at a distance
遠達作用ともいう。離れて存在する2つの物体間で,中間に存在する媒質 (真空も含める) の状態を変えることなく直接に遠方の物体に伝わる作用。万有引力クーロン力は遠隔作用と考えられたこともあるが,現在では近接作用とみなされている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えんかく‐さよう〔ヱンカク‐〕【遠隔作用】
空間を隔てた二つの物体間に働き、途中の媒質に何ら変化を残すことなく瞬間的に伝わる作用。現在、物理学上の基本的な力は、遠隔作用でなく、すべて近接作用と考えられている。
他感作用

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えんかくさよう【遠隔作用 action at a distance】
帯電体の間に働くクーロン力は万有引力と同様に二つの物体を結ぶ直線に沿って作用し,途中の空間には何の変化も起こさず直接瞬間的に伝わるように見える。このような作用を遠隔作用という。電磁気現象においてクーロン力だけでなく,磁極間の力または相互作用,電流と磁極の相互作用,電流間の相互作用などもこのような遠隔作用だとして取り扱う試み(遠隔作用論)は19世紀前半のヨーロッパ大陸で盛んで,ある範囲までの電磁気現象については成功を収めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えんかくさよう【遠隔作用】
離れた物体の間に作用が働くとき、その間の媒質に関係なく、直接瞬間的に伝わると考えられる作用。ニュートンは万有引力を、クーロンは電気力も遠隔作用と考えた。 → 近接作用

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えんかく‐さよう ヱンカク‥【遠隔作用】
〘名〙 空間を隔てて存在する二つの物体の間に中間の媒質の状態を変化させることなく、直接に働く作用。⇔近接作用。〔現代文化百科事典(1937)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遠隔作用」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遠隔作用の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation