@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

遠隔地保存【えんかくちほぞん】

図書館情報学用語辞典

遠隔地保存
利用の少ない資料を書架から除き,図書館から離れた場所にある保存書庫,あるいは,保管倉庫会社に移送して保管すること.遠隔地保存される資料は,刊行年によって区切る場合が一般的である.また,集密書架が用いられることが多い.遠隔地の資料へのアクセスは,直接に利用者が出向く場合と,資料請求が生じた段階出庫を依頼し,郵送,または配送業者に依頼して回送し,利用に供する場合がある.回送し,利用された資料は,再度,保存書庫に移送するが,移送せずそのまま残して,復帰させることもある.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遠隔地保存」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遠隔地保存の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation