@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

遠隔操作【えんかくそうさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

遠隔操作
えんかくそうさ
remote control ; teleoperation
リモートコントロール,テレオペレーションともいう。仕事をさせようとする機器を,遠くの場所から電波,光,電気,音波油圧などを利用して操作すること。遠隔操作は仕事をさせようとする機器やその周囲の環境の状態を知る必要があり,このためには遠隔計測と常に一体となっていなければならない。現代の工業技術を駆使するには,必ず遠隔操作の方式が組込まれているといって過言ではない。油槽船の荷役,車両運行の表示および操作,工場機器の運転,工場資材の制御および搬送などは,遠隔操作の代表例である。また,放射性物質を扱うマジックハンド船舶飛行機の無人操縦,宇宙ロボットや海洋開発ロボットなど高度の遠隔操作技術が利用されている。さらに,力や画像,音の情報をオペレータに有効に伝える技術としてはテレイグジスタンス技術がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えんかく‐そうさ〔ヱンカクサウサ〕【遠隔操作】
離れた場所にある機械や装置を、間接的に運転・制御すること。マニピュレーターの使用など。リモートオペレーション。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えんかくそうさ【遠隔操作】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えんかくそうさ【遠隔操作】
離れた場所から、機械的あるいは電気的な方法によって機器類を操作すること。マジックハンドの使用や航空機の操舵など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えんかく‐そうさ ヱンカクサウサ【遠隔操作】
〘名〙 離れた場所にある機械、装置などを制御、運転すること。遠隔制御。リモートコントロール。リモコン。
※中間文化(1957)〈加藤秀俊〉二「赤ん坊のお守りも遠隔操作でイケるというわけである」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遠隔操作」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遠隔操作の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation